学部長あいさつ

徳島大学歯学部長 河野文昭

 

 

徳島大学歯学部長

河野 文昭

 

徳島大学歯学部は,昭和51(1976)年に四国で唯一の歯学部として,国立大学としては全国で8番目に設置され,今年で39年になります。平成19(2007)年には,歯学科に加え,歯科衛生士と社会福祉士の2つの国家資格が取得可能な口腔保健学科を設置し,歯科医学と福祉を融合して学ぶことのできる全国でもユニークな歯学部として発展してまいりました。また,本年より大学院後期博士課程口腔保健学専攻が設置され,教育・研究・臨床の環境が整いました。

徳島大学歯学部は,この間,徳島大学の理念である自主・自立,進取の気風に基づき,地域性と医学・歯学・薬学・栄養学の教育・研究拠点である蔵本地区に位置する利点を活かして,地域で活躍する人間性豊かでリサーチマインドを持つ歯科医師をはじめとした高度専門職の養成と先端的な歯科医学・医療の研究・開発など革新的な研究を推進し,中国・四国地区の歯科医学・口腔保健,福祉をリードする拠点として存在感を示してきました。

高齢社会を迎えた今,歯科医療は,医療,福祉,行政との連携が必要不可欠となっています。そのため,歯学部では,時代のニーズに沿って多職種協働ができる感性豊かな歯科医師の育成,歯科医学発展に貢献できる指導的な人材,保健,医療・福祉に貢献する専門職の育成を教育目標に挙げています。

国立大学の強み・特色・社会的役割を整理した徳島大学歯学部のミッションの再定義には,「多職種協働(栄養・福祉を含む)を担う人材・災害歯科医療人材養成,東南アジアでの人材育成支援,口腔免疫・生体材料・歯の再生等に関する研究,四国の高度歯科医療の中核的役割」が挙げられています。

これらのミッションを遂行するため,全教職員が結束し,教育・研究・臨床をさらに充実させ,日本の歯科医療を担う,そして世界の歯科医学の発展に寄与する一員として,特色ある歯学部を目指していきます。

最終更新日:2015年4月1日