名田譲准教授、木戸口善行教授@理工学域機械科学系がSETC2019にてHigh Quality Paper Awardを受賞しました。

2019年12月26日

 11月19~21日に広島市で開催されたSmall Engine Technology Conference 2019(SETC2019)において、名田譲准教授と木戸口善行教授@機械科学系、古河瞭さん@大学院先端技術科学教育部知的力学システム工学専攻がHigh Quality Paper Awardを受賞しました。
 この会議は、小型エンジン技術の国際会議で、毎年、日本自動車技術者協会(JSAE)とSAEインターナショナルが共同で開催しています。今年は、18カ国342人が参加し、ポスター発表や展示などが行われました。

<受賞題目>
 『Effects of Sub-Chamber Configuration on Heat Release Rate in a Constant Volume Chamber Simulating Lean-Burn Natural Gas Engines』

<参考URL>
 http://www.setc-jsae.com/

nada2019119.png