第1回徳島県SSH高等学校課題研究及び科学部研究研修会を開催しました。(11月23日)

2019年12月20日

 11月23日(土)に常三島キャンパスにて、令和元年度第1回徳島県SSH高等学校課題研究及び科学部研究研修会を開催しました。
 この研修会は、徳島大学理工学部と城南高等学校が、SSH(スーパー・サイエンス・ハイスクール)校の課題研究に対する取り組みの他校への普及および徳島県高等学校の課題研究や科学部研究の深化・発展を図るために、大学教員の指導により行われるものです。本研修会の実施により、年度末の徳島県SSH生徒研究合同発表会に多くの生徒が参加できるようにするとともに、科学部員の交流の機会を設けることを目的としています。
 本研修会は、約10年前から行っており、全国のSSH事業において、徳島方式とも呼ばれる、全国的に見ても珍しく、先進的な高大接続事業です。徳島県内の高校より、課題研究実施予定または実施中の生徒・科学部員および科学研究に興味のある生徒を対象に募集し、今回約150名に参加いただきました。ワークショップは、通常50名ぐらいで行いますが、今回は、全国的にも類を見ない規模となりました。
 第1回の内容は、課題研究や科学部研究のテーマ設定および研究の進め方に対して、徳島大学理工学部理工学科応用理数コースの教員により指導・助言を行うというものでした。参加した生徒の皆さまから多くの意見や質問が出るなど、白熱した議論が繰り広げられました。
 第2回研修会は、令和2年2月22日(土)に開催される予定です。

<プログラム>
13:00~13:10 開会行事
13:10~16:00 研究テーマの選び方と研究のすすめ方
       (ブレインストーミングとKJ法を中心にしたグループワーク)
16:00~17:00 次回(2/22開催予定)までの課題等

<指導教員>
理工学部応用理数コース
 三好 德和 教授(化学)
 石田 啓祐 名誉教授(地球科学)
 小山 晋之 教授(物理学)
 久田 旭彦 講師(物理学)
 渡部 稔  教授(生物学)
 片山 真一 教授(数学)
 大渕 朗  教授(数学)
 上野 雅晴 講師(化学)

ssh20191123-9.png   ssh20191123-11.png
     
ssh20191123-14.png   ssh20191123-29.png
     
ssh20191123-26.png   ssh20191123-32.png