防災における講演会を開催しました。

2019年12月5日

理工学部は12月2日(月)、事務局総務課粕淵義郎災害対策アドバイザーの協力のもと、常三島地区災害対策本部講演会及び消火訓練を実施しました。
 理工学部の所在する常三島キャンパスでは、これまで毎年、地区全体の総合防災訓練として地震発生時の初動、避難、安否確認、情報伝達等の訓練を行ってきましたが、今年は、“自身の安全確保のために”をテーマに粕淵先生にご講演いただきました。南海トラフ大地震、台風等の自然災害時の減災や身の安全の確保のために日頃どのような準備や訓練が必要か、とういうことについてお話いただきました。また、ビデオ上映では、地震情報を自分で読み解き、どのような段階でどこに避難すべきかについて、普段から個々に備えておく必要があるあるということを学びました。
 最後に、河村常三島地区災害対策本部長からご講評をいただいた後、四国ノーミ(株)の指導による消火訓練を実施しました。
 今後も、常三島地区災害対策本部では予測のつかない“その時”に備えて災害対策の体制の充実に努めてまいります。

 

 河村研究部長ご挨拶   粕淵先生講演中
河村研究部長ご挨拶   粕淵災害対策アドバイザー
消火訓練    
消化訓練