研究案内

社会基盤デザイン系

社会基盤デザイン系

 

系の詳細

多様な学問領域の連携による持続可能な社会システムの構築技術と自然環境の保全・再生技術の確立を目標に、大規模自然災害調査とそれを踏まえた防災・減災技術に関する研究、自然環境の保全・再生技術に関する研究、資源循環型・低炭素社会の形成のための維持管理技術及び環境負荷低減技術に関する研究、国際競争力と持続可能な国土形成・利用のための情報化・効率化技術に関する研究、人間社会の安全・安心・豊かさを向上するリスクマネジメント・合意形成技術に関する研究などを行っています。

 

各分野の研究テーマ

構造・材料分野

構造・材料分野では、構造物の耐震・耐風設計等の研究、コンクリートの材料特性、施工法やコンクリート構造物の非破壊検査等に関する工学的研究を行っています。

 

防災科学分野

防災科学分野では、豪雨や地震・津波など自然災害に関する研究や、地域の総合的防災力を高めるための自助・共助・公助連携システムの活性化に関する研究を行っています。

 

地域環境分野

地域環境分野では、人と自然にやさしい地域づくりに関する研究、環境との調和を考慮した社会基盤施設づくりと維持管理に関する研究を行っています。

      ・オリジナルサイトはこちら http://www.ce.tokushima-u.ac.jp/index-jp.html