徳島大学工学部は創立100周年を迎えます

徳島大学工学部創立100周年記念事業委員会                                                       
委員長(理工学部長・工業会名誉会長)       山中 英生
副委員長(生物資源産業学部長・工業会名誉副会長) 長宗 秀明
副委員長(工業会理事長)             坂東  武

 

   徳島大学工学部は、令和4年(2022年)に創立100周年を迎えます。
   工学部は、政府の高等教育機関拡張計画に基づき徳島県の産業発展を目的として、大正11年(1922年)10月に前身の徳島高等工業学校が創立され、昭和19年4月には徳島工業専門学校と改称し、次いで昭和24年(1949年)の学制改革により徳島大学工学部となりました。
   現在は、平成28年(2016年)4月の学部改組により、これまで工学部各学科において培ってきた「ものづくり」を中心とした教育研究と総合科学部理学分野の融合により新たな創造力を生み出す理工学部及び工学部生物工学科を中心に生物資源系の教員を集結し構成された生物資源産業学部に発展的に再編され、新たな科学技術の方向性を提言する2学部に生まれ変わりました。令和2年(2020年)3月には、理工学部484名、生物資源産業学部92名となる初めての卒業生を輩出し、このうち同年4月新設の大学院創成科学研究科理工学専攻に284名、生物資源学専攻に40名が進学しています。
 このように発展して参りました徳島大学工学部は、産業界の中核的な人材として自立的な応用力と創造力を有し、現代社会に生じている問題の分析力や解決能力を備えた技術者・研究者の育成の理念の基、創立以来約3万8千名に上る技術者を我が国に輩出し、今後も大きな期待が寄せられております。 

徳島大学工学部創立100周年記念事業について


 今般、徳島大学工学部が創立100周年を迎えるにあたり、その記念事業を実施し、更なる飛躍を図りたいと考えております。
 

  1.  「徳島大学工学部100年史」(仮称)の発行
  2.  記念式典、記念講演会、祝賀会の開催
  3.  ホームカミングデイの実施
  4.  学生、若手教員の教育研究支援
  5.    キャンパス環境整備

        趣意書

        100周年記念事業募金

【お問い合わせ・連絡先】                                             
〒770-8506 徳島市南常三島町2丁目1番地
徳島大学常三島事務部理工学部事務課総務係
電話:088-656-7304  FAX:088-656-7328
E-mail:st_soumuk@tokushima-u.ac.jp

閲覧履歴

このページと関連性の高いページ