学部案内

数理科学系(応用理数コース)

数理科学系

 

系の紹介

数理科学系

数理科学系では、数学を学びたい人、コンピュータや情報科学に興味がある人、「数学」や「情報」の教員を目指す人などを広く求め、数学と情報科学の教育と研究を行っています。数学の基礎から応用まで幅広く学べ、高校数学では味わえない数学の奥深さ、幅広さを学ぶことができます。数学や情報科学の学習を通じて、問題の表面にとらわれずに本質に迫り、柔軟な発想で様々な問題を解決できる抽象的・論理的な思考力や判断力を養います。数理科学系には、教員や公務員の志望者も多く、これまでに多くの現役合格者を輩出してきました。また、女子学生も比較的多いため、リケジョにも研究しやすい環境作りを目指しています。系としては、数理情報講座、応用数理講座、数理解析講座の3つの講座で構成されていますが、互いに協力・連携して、学生の学習と生活の両面をサポートしています。

 

各講座の紹介

数理情報講座

数学基礎から情報科学に関連する分野までの専門教育を担当しています。授業科目としては、数学基礎、代数学、解析学、確率・統計、ネットワーク論、プログラミング演習、データベース基礎理論などを担当しています。
卒業研究のテーマには、「文様のパターンの決定」「グレブナ基底とグラフ3彩色問題」「自然数と4平方数の和」「問題行動に現れる生徒の規範意識」「木の二乗における完全独立全域木」「正方形崩壊問題を解くプログラム開発」などがあります。

 

応用数理講座

基礎数理から応用数理に関連する分野までの専門教育を担当しています。授業科目としては、複素解析、関数方程式、数学基礎演習、線形代数学演習、モデリング論、応用数理などを担当しています。 卒業研究のテーマには、「あみだくじの原理について」「生態系における人間の影響」「n次元空間における熱伝導方程式の初期値問題」「流れの数値シミュレーション」「選好の不確実性を考慮した安定結婚問題」「株主優待制度を考慮したポートフォリオ評価」などがあります。

 

数理解析講座

理工学科の各コース2年次から4年次までの学生を対象に、学科共通科目を中心とした理工学部全体に関わる数学の基礎科目を担当し、講義と演習を通じた幅広いカリキュラムによる数学教育を行っています。これにより、理工学における基礎的能力の育成を図り、専門教育の理解度を高めています。授業科目としては、微分方程式、ベクトル解析、複素関数論、微分方程式特論などを担当しています。

 

        ・オリジナルサイトはこちら http://www-math.ias.tokushima-u.ac.jp