学部案内

光系(情報光システムコース)

光系

 

系の紹介

光系(情報光システムコース)

産業構造の変化に対応した技術者の育成を目的とし、平成5年10月に設立された光応用工学科を母体としています。当時"光"を学科名に冠したのは国立大学として初めてで、光工学の教育・研究を体系的に行うことを目標に、材料からデバイス、システムまで、光工学に関連した教育・研究を一貫して行う点に特色がありました。本系でもその特徴をより発展させ、基礎科学、電子工学、機械工学、応用化学、応用物理、情報工学等の分野で個別に行われてきた光工学関連の教育・研究を組織化・体系化することで、将来の光科学・光工学に対する視野が広く、創造力に優れた研究者・技術者を育成することを目指しています。 卒業後、光機能性材料・光デバイス分野に進んだ場合は、光通信・光コンピューティング・光画像処理などの知識を有していることで、システム分野からの要請を理解した上での研究開発ができます。またシステム分野に進んだ場合も、材料やデバイスに関する知識を有していることが、効率的なシステムの設計・構築につながります。

 

各講座の紹介

光機能材料講座

光の流れを制御するのに用いる光学活性分子素子、光を感じてその性質を変える感光性樹脂、エネルギー効率よく発光する素子、光エネルギーから無駄なく発電する素子、光で運ばれて来た情報を超高速処理できる素子、など光を有効利用するための機能材料や素子が実現できるように、光科学、光技術のための材料科学・材料工学、光機能素子に関する教育と研究を行います。

 

光情報システム講座

特殊な眼鏡がなくても立体に見えるテレビやそのためのカメラ、光による暗号を使って情報セキュリティを守る新しいディスプレイ、沢山の高品質動画を伝送しても通信速度が遅くならない光通信システム、人体の X 線 CT 像から病変した部分を教えてくれる診断支援装置などを実現できるように、光情報機器、光通信システム、画像処理システムに関する教育と研究を行います。

 

    ・オリジナルサイトはこちら https://www.opt.tokushima-u.ac.jp/