学部案内

情報系(情報光システムコース)

情報系

 

系の紹介

情報系(情報光システムコース)

情報系は、昭和48年に創設された情報工学科から始まり、知能情報工学科を経て40年以上の歴史を有しています。日本における情報工学・知能情報工学を教育研究する先駆者的な学科として、これまでに多くの優秀な卒業生を社会に送り出してきました。現代社会においては、あらゆる分野で情報処理の技術が活用されています。たとえば、機械工学分野では知能ロボット関連のハードやソフトやコンピュータ・ビジョンなど、電気電子工学分野では論理回路や組み込みシステムなど、生物学関連ではゲノム情報処理やバイオインフォマティクスなど、また単に工学系の分野のみならず、文系の分野、たとえば、経済学では数理ファイナンスなど、心理学関連では認知科学や感性情報処理など、音楽関連ではコンピュータ・ミュージックなど、すべての分野で情報工学は重要な役割を果たしています。情報系では、以上のようにあらゆる分野において重要な位置を占めている知能情報工学を徹底的に学ぶことができます。

 

各講座の紹介

情報工学講座

コンピュータ技術のハード、ソフト両面における協調的発展に資するために、新しい計算機システムと集積回路に関するハードウェア技術およびソフトウェア技術のほか、人工知能、感性情報処理、情報通信、情報セキュリティ、パターン認識の基礎分野の研究を行います。

 

知能工学講座

多方面にわたるコンピュータの知的で、効率的な運用に応えるために、人工知能および知識工学などの知識情報処理、ニューラルネットワーク、画像処理技術、音声認識、自然言語処理、情報検索、マルチメディアデータ処理に関する研究を行います。