学部案内

情報光システムコース

情報光システムコース

 

コースの詳細

情報光システムコースでは、高度化・多様化・国際化する情報社会を担う人材養成という社会的要請に応えるため、基礎科学の広範な知識に加え、「計算機ハードウェア・ソフトウェア」「人工知能」「情報セキュリティ」「情報光通信」「光材料・光デバイス」「画像処理」などの情報工学、光工学の技術を学び、知的で創造的な情報システムや光システムの発展に貢献し、問題発見能力、計画立案能力、課題解決能力を有する研究者・技術者の育成を目指しています。情報通信、医療ロボット、計測機器、ハイテク素材などの複雑で高度な情報光システムの設計・開発・運用分野、知的ロボットなどの機械と情報工学を融合した産業分野、新機能デバイスなどの化学・物理学と光工学を融合した産業分野など、幅広い分野での活躍を見据えた教育研究を行います。

 

コースの特徴

情報光システムコースは、情報工学および光工学の両分野において、計算機ハードウェアおよびソフトウェア、情報通信、情報セキュリティ、情報工学の基礎分野、計算機に知能を与える人工知能の分野やマルチメディア処理における計算機応用技術分野についての教育と研究から、光科学・光工学の基礎分野、光関連材料、光機能性素子、光通信、画像・情報システムに関する教育と研究まで、幅広い工学の知識やスキルを講義や実験を通して修得できます。さらに卒業研究や大学院での研究で先端的分野の科学技術にチャレンジすることを通して、創造性や知識活用能力・活力等を伸ばします。 本コースでは、卒業後に、電気電子系、情報システム系、精密機械系、製薬/化学系等の分野で活躍することが可能です。

 

系の紹介

情報系(情報光システムコース)

情報系は、昭和48年に創設された情報工学科から始まり、知能情報工学科を経て40年以上の歴史を有しています。日本における情報工学・知能情報工学を教育研究する先駆者的な学科として、これまでに多くの優秀な卒業生を社会に送り出してきました。現代社会においては、あらゆる分野で情報処理の技術が活用されています。たとえば、機械工学分野では知能ロボット関連のハードやソフトやコンピュータ・ビジョンなど、電気電子工学分野では論理回路や組み込みシステムなど、生物学関連ではゲノム情報処理やバイオインフォマティクスなど、また単に工学系の分野のみならず、文系の分野、たとえば、経済学では数理ファイナンスなど、心理学関連では認知科学や感性情報処理など、音楽関連ではコンピュータ・ミュージックなど、すべての分野で情報工学は重要な役割を果たしています。情報系では、以上のようにあらゆる分野において重要な位置を占めている知能情報工学を徹底的に学ぶことができます。

 

光系(情報光システムコース)

産業構造の変化に対応した技術者の育成を目的とし、平成5年10月に設立された光応用工学科を母体としています。当時"光"を学科名に冠したのは国立大学として初めてで、光工学の教育・研究を体系的に行うことを目標に、材料からデバイス、システムまで、光工学に関連した教育・研究を一貫して行う点に特色がありました。本系でもその特徴をより発展させ、基礎科学、電子工学、機械工学、応用化学、応用物理、情報工学等の分野で個別に行われてきた光工学関連の教育・研究を組織化・体系化することで、将来の光科学・光工学に対する視野が広く、創造力に優れた研究者・技術者を育成することを目指しています。 卒業後、光機能性材料・光デバイス分野に進んだ場合は、光通信・光コンピューティング・光画像処理などの知識を有していることで、システム分野からの要請を理解した上での研究開発ができます。またシステム分野に進んだ場合も、材料やデバイスに関する知識を有していることが、効率的なシステムの設計・構築につながります。

   ・情報光システムコース オリジナルサイトはこちら https://www.is.tokushima-u.ac.jp/wp/infopt/