学部案内

電気電子システムコース

電気電子システムコース

 

コースの詳細

電気は、「携帯電話」「コンピュータ」「家電製品」「自動車」「航空機」「オフィス」「製造業」などの広範囲の分野で使われています。その使われ方も、動作を制御する神経のような役割や、電波のように情報を伝える伝送路としての役割、あるいは、エネルギー源そのものなど、多種多様です。電気電子システムコースでは、「電子デバイス」「半導体レーザ」「電気エネルギー」「ロボット」「電気自動車」「クリーンエネルギー」「自動制御」「通信システム」「医用電子機器」「生体情報処理」「エレクトロニクス」「コンピュータ」「ソフトウェア」など、電気を使ったハイテク技術の最先端の専門分野について教育・研究が行われます。

 

コースの特徴

電気電子システムコースは今日の科学技術革新の中心的役割を果たし、急速に発展を続けている分野です。本コースでは、幅広い専門分野を効率よく学習するため「物性デバイス分野」「電気エネルギー分野」「電気電子システム分野」「知能電子回路分野」の4つの専門分野に分かれて教育・研究を行います。1年次にはどの専門分野でも必要な基礎科目を広く学習し、2年次、3年次へと進むに連れて、各専門分野の応用科目が増えていき、次第に専門性を身に付けることができるようになります。したがって、入学時には自分の本当に進みたい専門分野が決まっていない人でも、勉強をしながら、本当に自分の進みたい専門分野を見つけることができます。いろいろな夢を入学後に選べるコースと言えるでしょう。

 

講座の紹介

物性デバイス講座

新しい電子材料や電子デバイスによるエレクトロニクスに関連する分野です。紫外発光半導体素子の開発、半導体プラズマエレクトロニクス技術、ポストシリコン・ナノ材料・デバイスプロセスの開発、GaN 系新型電子デバイス、半導体センサの開発などを行います。

 

電気エネルギー講座

電気エネルギーの発生・輸送と、動力へのエネルギー変換・利用法に関連する分野です。電力設備や超電導磁気浮上式鉄道のための診断技術、プラズマやパルスパワー技術の応用、電力システムからモータドライブまで、パワーエレクトロニクス技術の応用、知的な情報処理技術を応用したモノづくりに取り組みます。

 

電気電子システム講座

制御システムや各種の情報処理と情報通信に関連する分野です。情報化社会の要となるディジタル通信技術、現代社会に欠かせないシステム制御理論、電気電子工学と医学のコラボレーション生体医工学の研究開発を行います。

 

知能電子回路講座

電子回路の解析・設計法やコンピュータ等の知能をもつハードウェアとソフトウェアに関連する分野です。大規模集積回路(LSI)の高信頼性を保証する検査技術、電子回路による脳情報処理機能、動画像処理、LSI上流設計、LSIレイアウト設計などの開発を行います。

 

 

   ・オリジナルサイトはこちら http://www.ee.tokushima-u.ac.jp/