関連情報

学生の受賞・表彰のニュースを掲載しています。

写真をクリックすると大きい画像または記事ページが見えます。

令和3年9月22日
20211011_e_nakaotoshiki.png

・中尾 俊樹(先端技術科学教育部 博士課程3年)
第35回九州コロイドコロキウムにおいて、「グリセロ−スフィンゴ混合型非天然リン脂質の二分子膜相転移」が、優秀ポスター賞を受賞しました。

令和3年8月10日 ・野中 智貴(薬科学教育部 博士前期課程1年)
第53回夏の若手ペプチド勉強会において、「Sulfanylmethyl DMAPを利用した環状ペプチド合成に関する研究」が、ポスター発表優秀賞を受賞しました。
令和3年8月31日
st_sumitomo20210831.jpg

・住友 清香(大学院創成科学研究科 理工学専攻1年)
化学工学会 中国四国支部 第14回若手CE合宿において、「塩水振動現象の挙動」が、優秀ポスター発表賞を受賞しました。

令和3年7月16日
Arima_20210716.png

・有馬 勇太(大学院創成科学研究科 理工学専攻2年)
自動車技術会2021年度春季大会において、「LIBSを用いた金属材料中元素のリアルタイム計測技術の研究」が、優秀賞を受賞しました。

令和3年7月5日、13日 ・木曽田 暁(口腔科学教育部 博士課程4年)
「機械学習を用いた頭頚部扁平上皮癌の新規予後予測システムの構築」が、第10回徳島新聞生命科学分野研究支援金と、令和3年度口腔科学教育部研究奨励賞ゴールド賞の2つを受賞しました。
令和3年6月30日 ・高田 春風(薬科学教育部 博士課程2年)
第37回日本DDS学会学術集会において、「投与経路が及ぼすPEG修飾リポソーム投与時の抗PEG抗体誘導に与える影響に関する検討」が、優秀発表賞を受賞しました。
令和3年6月29日 ・上野 真奈(薬科学教育部 博士前期課程2年)
日本核酸医薬学会第6回年会において、「4'-チオRNAのCRISPR Cas9法への応用」が、川原賞を受賞しました。
令和3年6月25日 ・光村 豊(薬科学教育部 博士前期課程1年)
創薬懇話会2021において、「Cys-Trp 架橋型乳がん抑制ペプチド(ERAP)の合成及び活性評価」が、優秀発表賞を受賞しました。

令和3年5月30日

・清水 宗(口腔科学教育部 博士課程4年)
第46回日本骨髄腫学会学術集会において、「TAK-1 が誘導する内因性 PP2A 阻害因子 CIP2A の骨髄腫細胞の生存・増 殖に及ぼす重要な役割」が、プレナリーセッションに採択され、講演を行いました。
令和3年5月14日 ・米田 晋太朗(薬科学教育部 博士前期課程2年) 
日本薬剤学会第36年会において、「脳虚血/再灌流障害の治療を目指した粒子径制御リポソーム化FK506の構築」が、永井財団大学院学生スカラシップを受賞しました。
令和3年5月14日 ・道上 巧基(薬学部 6年)
日本薬剤学会第36年会において、「サルコペニア治療を目指したイオントフォレシスによる非侵襲的なペプチドの骨格筋送達」が、永井財団学部学生七つ星薬師奨励賞を受賞しました。
令和3年5月14日 ・木下 暢(薬学部 6年)
日本薬剤学会第36年会において、「網羅的プロテオミクスを用いたヒト脳毛細血管内皮細胞への内在化活性を示す脳転移性メラノーマSK-Mel-28由来細胞外小胞の特性解析」が、永井財団学部学生七つ星薬師奨励賞を受賞しました。
令和3年5月29日
sci'n'tech_Kawasaki2.pngsci'n'tech_Kawasaki1.jpg

・川崎 森生(大学院創成科学研究科 理工学専攻1年)
日本材料学会第70期学術講演会において、「アークイオンプレーティング法で形成した窒化クロム薄膜の圧縮残留応力と表面性状の関係」が、優秀講演発表賞を受賞しました。

令和3年5月15日 ・濵 眞壱(薬科学教育部 博士課程4年)
日本薬剤学会第36年会において、「アルブミン結合型パクリタキセル製剤AbraxaneⓇの変性アルブミン受容体を介した薬物輸送メカニズム」が、最優秀発表者賞を受賞しました。
令和3年5月14日 ・川口 桂乃(薬科学教育部 博士課程1年)
日本薬剤学会第36年会において、「効果的な細胞免疫療法の開発に向けたB細胞への新規抗原刺激法の有用性評価」が、SNPEE2021優秀発表者賞を、
「細胞ワクチンへの応用を目指した補体受容体標的化キャリアを用いる新規B細胞抗原刺激法の確立」が、永井財団大学院学生スカラシップを受賞しました。
令和3年5月14日 ・赤木 俊介(薬学部 6年)
日本薬剤学会第36年会において、「物性の異なるナノフィブリル化バクテリアセルロースを用いた新規PTX製剤の開発と腹膜播種治療評価」が、永井財団学部学生七つ星薬師奨励賞を受賞しました。
令和3年4月2日

・川口 桂乃 (薬科学教育部 博士課程1年) 
 「脾臓B細胞上の補体受容体を介した抗原送達法を利用する新規細胞免疫療法の開発」
・角南 尚哉 (薬学部 5年)
 「イオン液体を用いたGLP-1受容体作動薬の腸管吸収性検討」
・小林 大志朗 (薬科学教育部 博士後期課程1年)
 「S-保護システインスルホキシドを利用したCys-Trp チオエーテル結合形成反応の開発」
・中村 天太 (薬科学教育部 博士前期課程2年)
 「Chippiine型アルカロイドTronocarpineの短工程全合成」
・篠田 知果 (薬科学教育部 博士前期課程2年)
 「エンドグリコシダーゼを用いたトランスジェニックカイコ由来ヒトα-L-iduronidaseのN型糖鎖改変」
・橋田 芽依 (薬学部 6年)
 「近接依存性標識法によるミトコンドリア Caユニポーターの新規制御因子の探索」

上記の6名が、日本薬学会第141年会において、学生優秀発表賞(口頭発表の部)を受賞しました。

過去の受賞・表彰

最終更新日:2021年10月13日

閲覧履歴