新しい読書法を楽しむ、アクティブ・ブック・ダイアローグ(ABD)ワークショップを開催

 美馬市と次世代ひかりトクシマの連携事業の一環として、「ジェロントロジー宣言「知の再武装」で100歳人生を生き抜く」を題材に、「場とつながりラボ home's vi」山本彩代氏をファシリテーター、(一財)日本総合研究所理事長松岡斉氏をゲストにお招きし、アクティブ・ブック・ダイアローグ(ABD)の手法を活用したワークショップを10月20日(火)にオンラインで開催しました。
 参加者からは「ABDのプロセスが興味深かった。対話が一回で終わらず、ゲストコメントの後にも対話を設けていたことで、疑問点や共感するところを共有することができた」「質問に対する回答をもとに地方での100歳人生を豊かにするための討論で、美馬市ならではの文化・農業・観光等に触れた対話ができた」などの感想をいただきました(参加者アンケートより)。
 今回のワークショップを通じて、美馬市との連携事業「人生100年時代のまちづくりワークショップ」(11月及び12月予定)開催に向け、高齢化社会に対する知識や理解を深めることができました。また、ABDの手法を経験してもらうことで、社会課題に対する共通理解や、企業との協働関係構築に向けた手法を学ぶ機会となりました。

ABDのチラシはこちら (PDF 2.14MB)

*ABDとは(http://www.abd-abd.com
数人のグループで読書をし、学びを深めるだけでなく、新たな関係性を育むという効果がある。大学のゼミ、社外コミュニティなど、さまざまな場所で活用され、短期間での共通言語づくりやビジョン共有からチームビルディングに効果がある。

abd.png

 

abd () (PNG 106KB)
 

 

イベント概要
開催日 2020年10月20日(火)13:30~17:00
会場  
内容 詳細はチラシをご覧ください。
お問い合せ 徳島大学 研究・産学連携部 地域産業創生事業推進課
E-mail:gc_kikaku@tokushima-u.ac.jp

カテゴリー

イベント・講座ページへ
トップ開催報告新しい読書法を楽しむ、アクティブ・ブック・ダイアローグ(ABD)ワークショップを開催

このページの先頭へ