検査技術科学専攻

検査技術科学専攻の概要

専攻の理念

生命の尊厳、医の倫理を理解し、広い教養と専門知識を持ち、広く国民の保健医療の向上と発展に寄与できる創造性豊かな臨床検査技術者の養成を目指します。

教育目標

  • 基礎教育を充実し、幅広い知識と創造性を養うことにより、生命の尊厳、医の倫理、医療の進むべき道を理解できるような全人教育を行います。
  • 医療技術の専門化、高度化、多様化に柔軟に対処できるように、高度な専門的知識と技術を学びます。
  • 不断の研究を通じて、医療の発展に貢献できる学際的・国際的人材を養成します。
  • 教育機関における指導者、地域医療におけるリーダーとなるべき人材を育成します。
  • 疾病発生と環境との関わりを重視し、環境科学教育を行います。

講座紹介

機能系検査学講座

生体の情報及び機能を把握するための検体検査と患者を直接検査する生理学的検査について学びます。生体の代謝機能を反映する検体成分(血液、尿、体液、組織など)を化学的な分析方法によって測定し、疾病の診断、病態の経過観察及び予防に役立てる科目を履修します。また、心電図、超音波、MRIなどの医療機器を駆使し、患者に苦痛を与えず、多くの生体情報を把握して、治療方針、経過観察に役立てる生理学的な科目を履修します。

機能系検査学講座の詳細はこちら

形態系検査学講座

 生体を構成する臓器、組織、細胞の形態異常と疾病の関係を理解し、異常を発見する検査技術及び理論を学びます。また、疾病をもたらす病原体と、それによって引き起こされる生体反応について理解を深めます。最近進歩が著しい遺伝子関連検査の手法を応用して、精緻な病態情報を把握する方法や感染症の原因微生物を迅速に検出する方法を学びます。主に形態学をもとにした学問を医療に役立てることのできる科目を履修します。

形態系検査学講座の詳細はこちら

最終更新日:2020年5月8日