学部案内心身健康コース公認心理士.png

心理職初の国家資格「公認心理師」の受験資格が取得可能です

 心理職初の国家資格である「公認心理師」を有する人材を養成することは,医療のみならず,福祉,教育,司法・犯罪,産業・労働分野においても,国民の心の健康の回復と保持増進に貢献可能であると、大きな期待が寄せられています。
 これまでも、本学の総合科学教育部臨床心理学専攻においては2018年度より公認心理師の受験資格取得を可能にし、対応した人材養成に邁進してまいりました。そこで、新たに開設された創成科学研究科臨床心理学専攻では,今日の地域社会で求められる人間理解を主軸に,南海大地震などの災害をはじめとする多様な地域課題についても対応しうる、「心の健康の回復と保持増進」に携わる人材を育成します。そうした多様な地域課題で力を発揮するスキルの獲得のために、本専攻では、充実した臨床心理学系専攻専門科目はもちろん、文理横断型の研究科共通科目,教育クラスター科目を通じて,多様な分野横断型の知識を獲得し高度な人材養成を行います。
 心の健康に関わる問題は,従来,臨床心理学的観点を中心とした研究・実践が中心でしたが、本専攻では、より総合的視点でこれらの問題解決を推進していきます。
 旧大学院となる総合科学教育部臨床心理学専攻においては臨床心理士の養成に長い歴史と実績を有しています。本専攻における日本臨床心理士資格認定協会による臨床心理士試験合格率は,各年度共全国平均を上回っています。
 

公認心理師(図).png

閲覧履歴

このページと関連性の高いページ