修士論文作成又は特定の課題についての研究に係る研究指導体制を整備した体系的な教育課程を編成・実施する。

教育課程の編成と教育方法

学位授与の方針を実現するために,最終的に修士論文作成に係る研究指導体制に集約できるように整備した編成の教育課程と教育方法とする。

1. 学識と研究能力及び高度専門職業能力

臨床心理学の諸分野における高度な専門的知識と汎用的知識,関連領域における幅広い知識と論理的思考力を備え,総合的かつグローバルな視点に基づき研究を進め,心の健康の回復と保持増進に主体的に貢献できる高度な実践能力を涵養するために,研究分野を超えた幅広い知識とグローバルな視点を修得させる授業科目,応用・実践テーマに基づく分野横断的な授業科目,論理的思考力を身につけさせる授業科目,心の健康の回復と保持増進に係る専門知識・技能を修得させる授業科目を体系的に編成する。

2. 豊かな人格と教養及び自発的意欲

コミュニケーションを通して高い倫理観・責任感を身につけ,自立して行動できる能力を涵養するために,臨床心理学の理論と実践に関わる授業科目,および幅広い知識を学ばせ視野を広げる授業科目を開設する。

3. 国際的発信力及び社会貢献

地域社会において生じている心の健康の諸問題を臨床心理学の観点から分析でき,その解決に向けて世界水準を目指す研究成果を発信する能力,心の健康の回復と保持増進に貢献できる能力を涵養するために,多面的な視点を踏まえ研究成果を修士論文としてまとめあげ,広く発信する能力を身につけさせる授業科目を開設する。

学修成果の評価

客観性及び厳格性を確保するため,学生に対して成績評価基準をあらかじめ明示し,当該基準に基づき厳格な評価を行い,修士論文の審査及び最終試験を適切に行う。

閲覧履歴

このページと関連性の高いページ