迷いがある自分に様々なチャンスをくれる

tathikawa.png

立畑 杏夏さん

和歌山県出身

総合科学部は2年生進級時にコースを選択し、3年生から 研究室に所属することになります。その期間中に、やりたいことが決まっている人も決まってない人も、幅広い選択肢の中で進路を考える機会があります。私が地域創生コース を選んだ理由は、4つのコースの中でも特に、人によって研究内容が多様であるところに面白みを感じたからです。私は映像デザイン研究室に所属しており、映像制作や広告・パッケージのデザイン、地域活性化や環境問題の提 起を目的としたイベントの企画運営など、様々なことを実践的に学んできました。また卒業制作として南太平洋にある島国バヌアツ共和国に、実際に行ってドキュメンタリー映 像を作りました。このように地域創生コースという名前ですが自分で決める研究テーマ次第で海外とも関わることができます。私は今後は映像とデザインについて大学で学んだ ことを活かしつつ、海外と関わる仕事をしたいと思っています。

自分の好きなことを分野を超えて学べる

武内 樹治 さん

武内 樹治 さん

愛媛県出身

私は地域の文化や歴史をまちづくりに活かしたいと思っていたので、総合科学部社会総合科学科地域創生コースを選びました。私は現在、GIS(地理情報システム)やSfM(Structure from Motion)を用いた空間分析や古環境復元に取り組んでいます。私自身は考古学研究室に属していますが、遺跡の3次元計測を通して考古学の枠組みにとらわれない研究を行っています。それができたのは、空間情報科学やメディアアートなど分野を超えて先生方と関われるため、考古学ゼミでは難しいGISやSfMの技術の習得もできる環境が整っているからです。なにより、実際にフィールドに行って、現地調査をするという貴重な経験 ができました。地域創生コースは、分野の選択肢が多いのが特徴の1つです。多様な専門分野の先生が揃っているため、何か糸口さえ見つかれば、自分の好きなことを研究できます。また、1つの専門分野に固執することなく、他分野も学ぶことで、近年の複雑な地域社会を様々な視点から分析することができます。

長期インターンシップで自分の将来を見つけた

松田 春菜 さん

松田 春菜 さん

徳島県出身

総合科学部では皆が自分の関心のある分野を専攻し、様々な考えや夢を持っているため、幅広い視野を持つこと ができます。私はその中でも医療・福祉の面から社会学を学びたいと考えるようになり、今のゼミに入りました。ゼミでは心臓に疾患を抱える方々に関する研究をしています。実際に疾患を抱える方々にインタビューをして、当事者を取り巻く環境の厳しさを教わることもありますが、悩みながら毎日研究を進めています。また3年次には10ヵ月間、新聞社へ長期インターンシップに参加し、どうすれば新聞離れが進む若者に興味を持ってもらえるのかを考えたり、実際に記事を書いたりしました。それらの経験から、情報を伝えることで誰かの役に立ちたいと考えるようになりました。また、皆が注目するような大きなニュースだけではなく、本当に必要としている人に情報を伝えたいと思い、卒業後は放送メディアで働くことを決意しました。大学での経験をこれからも生かしていきたいと思います。

カテゴリー

閲覧履歴

このページと関連性の高いページ