山本哲也准教授らの研究グループが,第85回日本心理学会学術大会特別優秀発表賞を受賞しました

トップお知らせ山本哲也准教授らの研究グループが,第85回日本心理学会学術大会特別優秀発表賞を受賞しました

    徳島大学大学院社会産業理工学研究部 山本 哲也准教授,同研究部 内海 千種准教授,創成科学研究科修士1年 鈴木 菜穂,
横浜市立大学医学群 菅谷 渚助教の研究グループは,我が国で行われた過去2回の緊急事態宣言下における人々のメンタル
ヘルスについて大規模追跡調査を行い(1回目:2020年3月11日−同年3月12日,2回目:2021年2月24日−同年3月1日),
日本特有の強制力の緩やかな自粛要請である「マイルドロックダウン」が与える影響について明らかにしました。
研究成果は,2021年9月1日(水)〜同年9月8日(水)に行われた「日本心理学会第85回大会」において発表され,
「学術大会特別優秀発表賞」を受賞しました。

【発表演題の情報】
題目:新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の感染拡大に起因する反復的・持続的な自粛生活が心身の健康にもたらす影響
ー緊急事態宣言下における大規模オンライン縦断調査ー
発表者:山本哲也,内海千種,鈴木菜穂,菅谷渚

【研究成果のポイント】
• 1回目に比べて,2回目のマイルドロックダウン時においては,全体的に精神的・身体的症状は減少していた。
• 一方で,反復的なマイルドロックダウンによって,人々の対人交流様式に累積的な変化が生じており,社会的ネットワークが
 減少していたことに加えて,主観的な孤独感は高いまま維持・憎悪されることが示された。
• 若年層(18〜29歳)は抑うつや希死念慮(死にたいという気持ち)を最も高く示し,他にも女性や精神疾患の治療歴がある人々,
 社会的に不利な環境にいる人々は,自粛要請の影響を特に受けやすいことが示唆された。
• 社会的ネットワークの減少と高い孤独感は,抑うつや希死念慮と密接に関連することが示されたため,これらの特徴を有する
 人々の健康状態に対しては,自粛生活下において特に配慮を要する必要がある。

なお,本調査プロジェクトに関連する内容については,以下のリンクからも確認できます。
https://www.catlab.info/covid-19

【研究成果の発表概要】
背景・目的
 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の感染拡大に起因する生活変化(外出の自粛等)が,人々の心身に及ぼす影響について
報告がなされている。しかしながら,繰り返しの自粛要請による反復的な生活変化が,メンタルヘルスに及ぼす影響について,
縦断的に実証した研究知見は見受けられない。
心理社会的支援の方針を検討する上で,反復的な自粛生活によるメンタルヘルスへの影響を明らかにすることは喫緊の課題である。
 そこで,緊急事態宣言に起因する,日本特有の強制力の緩やかな自粛要請である「マイルドロックダウン」(以下,MLD)の
時期に焦点をあて,過去2回の緊急事態宣言下における大規模オンラインアンケート調査を実施した。

方法
 1回目の調査では,緊急事態宣言の対象となった7都府県在住の10〜80代の男女11,333人を対象にした。調査項目は,抑うつや
希死念慮(死にたいという気持ち)(PHQ-9)・ストレス(K6)・身体症状(SSS-8)・孤独感(UCLA-LS3)・社会的ネット
ワーク(LSNS-6)・自粛生活への脆弱性に影響すると考えられている属性(年齢や性別,所得,精神疾患の治療歴)であった。
 2回目の調査では,緊急事態宣言の対象となった10都道府県の10〜80代の男女20,610人を対象にした。そのうち,1回目からの
追跡調査データは男女7,893人であり,本研究では追跡調査データを用いた。調査項目は,1回目の調査項目に加えて,
不安(GAD-7)に関する指標への回答を求めた。
抑うつと関連する変数の網羅的な相互作用構造を可視化するため,性別,年齢,所得,精神疾患の治療歴の有無,および全2回の
調査時の抑うつ,希死念慮,孤独感,社会的ネットワークに対して,ノンパラメトリックベイズ共クラスタリングを用いた。なお,
本研究は筆頭著者の所属機関内の研究倫理審査委員会の承認を経ており(No.212),開示すべき利益相反関係にある企業等はない。

方法画像1.png

結果・考察
 1回目に比べて2回目のMLD時においては,全体的に精神的・身体的症状は減少していた。一方で,いずれの時点でも人々の
社会的ネットワークは社会的孤独を示す水準(LSNS-6 < 12)にあり,2回目のMLD時にさらに顕著になっていた。さらに,
孤独感は2回目に増大していた。そのため,反復的なMLDによって,人々の対人交流様式に累積的な変化が生じており,
主観的な孤独感は高いまま維持・憎悪されることが示された。
 注目すべき結果として,若年層(18-29歳)は抑うつや希死念慮を最も高く示し,他の年齢層と異なって,2回目にこれらの
指標が低減していなかった。年齢が低い人々ほど,パンデミックによる悪影響を受けやすいことを示しており,若年層への
早急なサポートが強く望まれる。

結果画像1.png

 

結果画像2.png

結論
 解析結果から,MLDを反復的に実施することは,人々の社会的孤立を悪化させ,孤独感に対して累積的な悪影響をもたらす
可能性が示された。また,若年層や女性,精神疾患の治療歴がある人々や社会的に不利な環境にいる人々は,自粛要請の影響を
特に受けやすいことが示唆された。孤独感や社会的ネットワークがメンタルヘルスと特に密接に関連していたため,これらの
悪化傾向を強く呈する人々に対しては,一層の配慮が必要である。今後は,脆弱となりうる人々の健康状態に関して,様々な
手法を併用した継続的な調査と,保護因子・危険因子の解明,そして人々の困難に応じたサポート体制の構築が必要不可欠である。

閲覧履歴

このページと関連性の高いページ