本学部学生が、 地方創生☆政策アイデアコンテスト2021 (主催:内閣府地方創生推進室)にて、「四国経済産業局長賞」を受賞しました。

トップお知らせ本学部学生が、 地方創生☆政策アイデアコンテスト2021 (主催:内閣府地方創生推進室)にて、「四国経済産業局長賞」を受賞しました。

 総合科学部・公共政策コース・小田切ゼミ3年の松島明日香さん、一井彩乃さん、工藤彩花さん、土岡大弓さんのチームが、
地方創生☆政策アイデアコンテスト2021 (主催:内閣府地方創生推進室)にて、「四国経済産業局長賞」を受賞しました。
 地方創生☆政策アイデアコンテストは、RESASなどの統計データによる地域課題の分析を踏まえ、地域を元気にする政策
アイデアを募集するコンテストです。今年度は、全国から応募された963件の政策アイデアについて審査が行われ、当チームは、
地方審査・大学生以上一般の部での受賞となりました。
 応募したアイデア「★藍LOVE徳島プロジェクト」は、徳島県内の糖尿病による死亡率の高さを課題として設定し、それを
県の特産品である「食用藍」を使ったレシピを広く普及しようという提案です。統計データを用いた適切な課題設定と、政策の
実現可能性が評価されました。

【オンライン表彰式の模様(2021年12月6日)】
https://www.shikoku.meti.go.jp/01_releases/2021/12/20211221a/20211221a.html

閲覧履歴

このページと関連性の高いページ