第28回地理情報システム学会学術研究発表大会で若手分科会奨励賞を受賞 Our undergraduate student received an award in the 28th meeting of GIS Association Japan!

2019年12月14日

本学部国際教養コース3年生の七條あかねさんが第28回地理情報システム学会学術研究発表大会にて若手分科会奨励賞を受賞しました。

 

本学部の服部恒太講師とゼミ生の七條あかねさんはアメリカの各郡が占める都市部の割合が2016年のアメリカ大統領選の投票傾向と関連しているのかどうかを研究しています。2人は2か月半の間Google Earth Engineからアメリカ全土の土地被覆データの収集、2016年の大統領選のデータ収集、そして、Rを用いて空間統計による検証を行いました。201910月に行われた第28回地理情報システム学会学術研究発表大会で開かれた学生フリーテーマ発表会でその研究成果を発表しました。当日は東京大学と東北大学の修士2年生たち3名と競うことになったにも関わらず,七條あかねさんが若手分科会奨励賞を獲得することができました。彼女はこの研究を更に進めて卒業論文を書くことにしています。

 


Our third-year student, Akane Shichijo has won an ward in the 28th meeting of GIS Association Japan. She has been working on a project with her supervisor Dr. Kota Hattori, which examines whether proportion of urban area in counties in the United States is predictive of voting tendency in the 2016 US presidential election. They worked for two months and a half to collect data using Google Earth Engine, and conduct spatial analyses using R. Despite the fact that Ms Shichijo had three competitors who were all second-year graduate students (two from Tokyo University and one from Tohoku University), she managed to win an award in the 28th meeting of GIS Association Japan. She plans to extend this study and write up her thesis.

 

 

写真.jpg

          

          七條あかねさん(左側)と服部恒太講師(右側)