対談-世界と繋がる学び

トップ対談対談-世界と繋がる学び

キービジュアル

「世界と繋がる学び」

新田先生:
総合科学部では豊富な海外留学の機会を提供していますが、その中でなぜ南京大学を選んだのですか?
島さん :
南京は中国四大古都の一つで、中国の歴代王朝の首都に何度も選ばれているんですね。 日本で有名なのは三国志の呉の建業とかかな。 中山陵をはじめとした様々な史跡が多数存在し、中国史に興味のある方にとっては何としても行きたい都市なのです。
新田先生:
留学先の授業で学んだ中で、一番印象深いことはどのようなことですか?
島さん :
もちろん座学もありますが、プレゼンテーションの機会が多く設けられていたのが印象的でした。 最上級クラスなんか本当に毎日パワーポイントで発表していましたね。 文法や語彙だけではなく、どのように発音すれば伝わりやすいか、言葉で表現できない場合に身振り手振りでどう表現するか、実践的なコミュニケーションを学ぶことができました。
新田先生:
留学で学んだことを地域の目線で振り返ってみるとどのように活用できると思いますか?
島さん :
異なる文化を持つ人を受け入れるには、相手の考え方を排斥せず、理解を示すことが必要だと感じました。 地域社会でも世代間の分断が論じられたりもしますが、そうした分断を乗り越えるための考え方を、留学を通して得ることができました。 中国語でも大丈夫だったし、日本語が通じる相手なら話し合えば分かり合えるだろうって楽観性も培えましたね。
新田先生:
異なる文化に触れて、地域社会の課題について違った目線から考えられるようになったのですね。 総合科学部から世界へ羽ばたき、地域で活躍する人材が育っているようですね。
閲覧履歴

このページと関連性の高いページ