教員の処分について

トップ記事教員の処分について

【処分の概要】
1.被処分者  徳島大学大学院医歯薬学研究部 教授 (男性、50歳代)

2.処分内容  停職(6月)

3.処分日   令和2年5月8日

4.概要
 2014年(平成26年)に発表した論⽂1報において、研究不正があるとの告発を受けて、本学では調査委員会を設置して調査を行った。
 調査の結果、当該論⽂の責任著者の教員を、研究者としてわきまえるべき基本的な注意義務を著しく怠ったことにより特定不正⾏為(ねつ造、改ざん)に関与した者及び特定不正⾏為以外の不正⾏為(不適切なオーサーシップ)に関与した者と認定した。

5.違反する規則等
・徳島大学における研究活動上の不正行為への対応に関する規則(平成19年9月21日制定)第5条第2項、第3項及び第4項
・徳島大学における研究活動上の不正行為への対応等に関する規則(平成27年4月21日制定)第3条第1項、第3項及び第4項
・徳島大学行動規範(平成18年9月13日制定)5-5
・国立大学法人徳島大学職員就業規則第34条第3号

6.監督責任
 当時の管理監督者2名を本学規則等に従い厳重注意を行った。

7.なお、本事案に関し、現学長(当時の研究担当理事)は、給与の一部10%を2月自主返納することとした。

【徳島大学長コメント】
 この度、本学でこのような研究活動上の不正行為があったことは、誠に遺憾であり深くお詫び申し上げます。
 今後、このようなことを引き起こさないよう、教職員及び学生に対する研究倫理教育の徹底に努め、また、学生に対する教育研究活動上の円滑な指導・助言を行うことができる体制の充実を図り、再発防止及び大学の信頼回復に努める所存です。

 令和2年5月13日

国立大学法人徳島大学長              
                          野 地 澄 晴             

カテゴリー

お問い合わせ

人事課

人事課長 河野信幸

電話:
088-656-7013
閲覧履歴

このページと関連性の高いページ