フィンランドの学術交流協定校との特別交流プログラムを実施しました

2019年3月15日

フィンランド政府教育機関からの支援を受け、平成31年3月4日から8日までの5日間、学術交流協定を締結しているフィンランドのヘルシンキメトロポリア応用科学大学から教員8名と学生4名を受け入れ、特別交流プログラムを実施しました。滞在中は、本学の教員らとともに医学部、大学病院や歯学部を見学し、また、徳島城公園での抹茶体験や、徳島市立徳島城博物館の見学、阿波おどり会館の見学などを通じて、日本の文化を体験しました。

3月7日と8日には、大塚講堂で特別セミナーを実施し、本学の野地澄晴学長をはじめとした両大学の教員らによる講演が行われました。セミナーには多数の教職員や学生が聴講に訪れ、多彩な演題に、時に楽しく時に真剣に耳を傾けました。

 


歯学部長訪問


医学部長訪問

 


左から:Päivi Haaralaヘルスプロモーション分野長、野地学長、
Aija Ahokas上級講師、河野歯学部長


特別セミナー
メトロポリア応用科学大学 Aija Ahokas上級講師による事業紹介