クラウドファンディングに挑戦します-「世界で唯一のミニ腎臓で8億5000万人の腎臓病患者のための治療薬開発に挑む!」

2019年1月15日

腎臓病の多くは、未だに治療法が見つかっていません。その原因は、なぜ腎機能が徐々に低下して回復することがないのか、その理由がわからなかったからです。

しかし私たちは、長年の研究でその原因を突き止めました。そして、独自に作成に成功した世界初のミニ腎臓を用いて、腎機能低下の根本原因を直接解決する治療薬の開発を目指しています。

「ミニ腎臓」とは、体の外に作った血液ろ過の基本装置です。 腎臓の本来の働きである「血液のろ過」は握りこぶし大の左右2つの腎臓の中の、わずか1mmの5分の1の大きさの装置で、常に休みなく行なわれています。 このミクロのサイズの血液ろ過装置が、腎臓の働きの中心です。体の外に作ることによって、患者さんに負担の少ない診断・治療方法を樹立できます。

 

2018年7月、国際腎臓学会(ISN)は、世界の腎臓病の患者数は8億5,000万人に上るという推計値を発表しています。 8億5,000万人という、とんでもなく多くの腎臓病患者さんに有効な薬剤を見つけるためには、すでにある他の疾患の治療薬やまだ何に有効であるかわかっていない薬剤、化合物を網羅的に解析する必要があります。

ある化合物の一つが画期的な治療薬の原石かもしれません。その化合物一つの購入価格はおおよそ、数千円です。この化合物が「当たり」であった場合、その恩恵は計り知れません。 私たちは、この多くの患者さん達に役立つ治療薬を開発するために、クラウドファンディングに挑戦します。

 

クラウドファンディングに挑戦します。皆様のご支援をお願いいたします。

 

■挑戦者:安部 秀斉 准教授(徳島大学大学院 医歯薬学研究部 腎臓内科学分野)

 

■挑戦期間:平成31年1月15日(火曜日)~平成31年4月15日(月曜日)

 

■クラウドファンディングサイト

https://otsucle.jp/cf/project/1817.html