国立大学理学系学長会議を開催しました

2018年10月19日

平成30年度国立大学理学系学長会議が、10月12日、13日に徳島大学で開催されました。

この会議は、理学系出身の国立大学法人の学長及び大学共同利用機関法人の機構長等が、共通する課題等について協議するとともに、親睦を深めることを目的に毎年開催されており、今年で28回目を数えます。

会議の初日は、野地澄晴徳島大学長を議長として、「留学生を獲得する戦略について」を議題に、大学のグローバル化及び受験者数の減少に対する対策について意見交換を行いました。

引き続き、Arithmer株式会社代表取締役社長兼CEO 大田佳宏氏より「AI Smart Robot Network」と題した講演が行われました。

また、2日目には、大塚グループが創立75周年記念事業として徳島県鳴門市に設立した大塚国際美術館を訪れ、緻密に再現された陶板名画を堪能しました。

 

参加大学長は次の各氏

    • 室伏きみ子 お茶の水女子大学長
    • 福田 喬  電気通信大学長
    • 武田 廣  神戸大学長
    • 服部泰直  島根大学長
    • 櫻井克年  高知大学長
    • 櫻井孝俊  福岡教育大学長
    • 前田芳實  鹿児島大学長
    • 野地澄晴  徳島大学長

 


会議の様子


Arithmer株式会社 代表取締役社長兼CEO
大田佳宏氏による講演



前列左から武田神戸大学長、室伏お茶の水女子大学長、野地本学学長、
大田Arithmer株式会社代表取締役社長兼CEO、福田電気通信大学長
後列左から櫻井高知大学長、前田鹿児島大学長、服部島根大学長、櫻井福岡教育大学長