臨床歯学系

歯科保存学分野

松尾敬志教授 メールアドレス matsuo.dent@tokushima-u.ac.jp

 

歯科保存学分野では、齲蝕とその続発疾患(歯髄炎・根尖性歯周炎)および歯周病を研究しています。齲蝕や歯周病は口腔内細菌による感染症で、その病態やpathogenesis を明らかにするとともに、新しい診断法および治療法を開発しています。

 

主要研究テーマ

  1. 象牙質齲蝕のpathogenesis の解明と新しい治療法(STOC)の開発
  2. 歯髄炎の不可逆性化に関する病態の解析とその診断法の開発
  3. 難治性根尖性歯周炎の病態の解析と治療法の開発
  4. 歯周病における組織破壊のメカニズムの免疫学的解析
  5. 象牙質知覚過敏症の治療法の開発

 

歯周歯内治療学分野

湯本浩通教授 メールアドレス yumoto@tokushima-u.ac.jp

 

当分野では、歯周病および歯内疾患(歯髄炎、根尖性歯周炎)の診断と治療に関する臨床的および基礎的研究を進めている。特に、歯周病が全身の健康と密接に関連する疾患であることを意識し、細胞を用いたin vitro実験とモデル動物を用いたin vivo実験の両方のアプローチで研究することにより、新しい診断法や治療法の開発を目指している。

 

主要研究テーマ

  1. 歯周病と全身疾患(糖尿病・腎臓病や心臓血管疾患等)の関連性の検討
  2. 歯髄炎および難治性根尖性歯周炎の病態解析と新規治療法の開発
  3. 歯周炎の新たな診断マーカーの探索とその診断機器の開発
  4. 歯周炎局所における骨代謝・骨リモデリング(骨形成と骨吸収)異常の解明
  5. 歯周炎に対する新たな薬物療法(歯周内服治療)の開発
  6. 歯周組織再生療法(bFGFや骨補填材等)の臨床研究

 

口腔顎顔面補綴学分野

市川哲雄教授 メールアドレス ichi@tokushima-u.ac.jp

 

主要研究テーマ

  1. 生体材料の基礎的および臨床的研究(ポーラスチタン、親水性コーティングなど)
  2. インプラントにおけるバイオメカニカルおよびバイオロジカルな研究
  3. 歯科補綴学に関連する生理と病理(金属アレルギー、発音、嚥下、咀嚼、口腔と全身の健康との関連)
  4. LED、レーザーダイオード、磁性アタッチメント、姿勢センサを用いた新しい補綴器具の開発に関する研究
  5. 歯科補綴学にデジタル技術を応用するための研究

 

他の分野との連携を密にして、より直接的に臨床応用に生かせる研究を行っています。

 

口腔顎顔面補綴学分野オリジナルサイトはこちら

 

顎機能咬合再建学分野

松香芳三教授 メールアドレス matsuka@tokushima-u.ac.jp

 

よく噛んで口から食べることは、心と体の健康を増進して維持することに重要な役割を果たしている。顎機能咬合再建学分野(旧歯科補綴学第二講座)では、食事中など機能時における上下の歯の噛み合わせ(咬合)をモニタ上で見えるようにすることで、咬合についての客観的な診断や評価を可能にすることを目的として「咬合可視化装置」の開発に取り組んでいる。可視化には顎運動と歯の形状の精密なデータが必要であるが、顎運動測定については実用レベルにほぼ到達している。

 

顎機能咬合再建学分野オリジナルサイトはこちら

 

口腔内科学分野

東雅之教授 メールアドレス azumamasayuki@tokushima-u.ac.jp

 

口腔内科学分野は、口腔顎顔面領域に生じる各種疾患(口腔粘膜疾患、口腔乾燥症、口腔顔面痛など)の診断および治療を行っている。当分野では最新の医学・生物学的知見に基づいた高度な診療の実践を目指すとともに、次世代の優れた予防法、診断法、治療法の開発につながる以下の基礎的・臨床的研究を行っている。

 

主要研究テーマ

  1. シェーグレン症候群唾液腺において、腺房構造を破壊するサイトカインをターゲットした抗サイトカイン療法の開発
  2. 水輸送膜蛋白であるアクアポリンの導管細胞での発現誘導による水分泌機能付与療法の開発
  3. 口腔粘膜疾患に対する神経伝達物質を用いた新規治療法の開発
  4. 口腔顔面痛と自律神経活動の関連性の解析に基づいた治療法の開発
  5. 口腔がんに対する分子標的治療

 

 

口腔外科学分野

宮本洋二教授 メールアドレス miyamoto@tokushima-u.ac.jp

 

主要研究テーマ

  1. 口腔癌における抗がん剤・放射線耐性メカニズムの解析
  2. 口腔癌の転移マーカー・予後因子の探索
  3. ケモカインレセプターCXCR4を分子標的とした口腔癌のリンパ節転移抑制療法の開発
  4. ヒトiPS細胞および骨髄由来間葉系幹細胞を用いた歯と骨の再生医療に関する研究
  5. 顎骨を再建する炭酸含有アパタイトの生体内挙動と臨床応用への研究

 

 

口腔顎顔面矯正学分野

田中栄二教授 メールアドレス etanaka@tokushima-u.ac.jp

 

当分野は安全確実で、痛みの少ない矯正歯科治療の実現を目的とした様々な臨床研究を推進するとともに、研究部内外の組織・機関と積極的に連携し、変形顎関節症、関節リウマチ、シェーグレン症候群などの病態解明および治療法の開発に関連したテーマに重点をおいた基礎研究にも従事しています。具体的な研究テーマとしては次のようなものが挙げられる。

 

主要研究テーマ

  1. 骨・軟骨代謝のメカニズムに関する研究
    顎顔面を構成する骨・軟骨の機能ならびに改造のメカニズムを明らかにするため、骨系細胞の増殖、分化およびそれらの細胞骨格や細胞内情報伝達機構について分子生物学的手法を用いて解析を行い、歯科矯正学の生物学的な背景を明らかにする。
  2. 力学的刺激に対する生体反応に関する研究
    機械的負荷が生体にどのように受容され、種々の生物学的反応に変換されていくのかを、組織、細胞、分子レベルで探ることにより、矯正力によって生み出される生物学的現象をより深く理解し、新しい概念に基づいた治療法開発の糸口を探る。
  3. 顎口腔系の形態・機能の発達に関する研究
    顎口腔系の形態・機能の発達に何らかの異常をきたす疾患や症候群に対し、多角的解析を行い、より良い治療システムの開発を目指すとともに、その効果について検討する。
  4. 顎口腔系組織の再生医学に関する研究
    より安全でかつ効率的な治療を可能とするような新しい矯正歯科材料の開発研究を行い、臨床応用を目指す。さらに、破壊性疾患によって喪失した歯槽骨、歯根、軟骨などの再生を目指す新しい医療技術の開発にも繋げる。
  5. ゲノム編集技術を用いた疾患原因遺伝子の探索研究
    頭蓋顎顔面領域の形態形成に影響を及ぼす原因遺伝子不明の疾患の家系例および散発例に対して、次世代シーケンサーを用いた解析を柱に原因遺伝子探索を行い、新規原因遺伝子を同定すると共に、人工ヌクレアーゼを利用した同定変異部位のin vivoにおける機能解析から、病態形成機序を解明する。

 

口腔顎顔面矯正学分野オリジナルサイトはこちら

 

小児歯科学分野

岩本 勉 教授 メールアドレス iwamoto@tokushima-u.ac.jp

 

基礎研究

  1. 歯・顎顔面発生の発生機構に関する研究
  2. 幹細胞の性質に関する研究
  3. 乳歯の歯根吸収に関する研究
  4. 歯科用生体材料の開発に関する研究

 

臨床研究

  1. 小児齲蝕に関する疫学的研究
  2. 小児の咀嚼機能の発達に関する研究
  3. 小児の歯科診療時の行動科学
  4. 災害歯科に関する研究
  5. スポーツ歯科に関する研究

 

 

歯科放射線学分野

誉田栄一教授 メールアドレス honda@dent.tokushima-u.ac.jp

 

口腔・顎・顔面領域疾患に関する画像診断学的研究により診断精度の向上をめざすとともに、必要な画像情報に対する放射線線量の適正化に関する研究を行い、放射線被曝の減少をはかっている。さらに、画像、診断情報などのネットワーク化による診療支援システムの開発により、診断の効率化をはかっている。

 

主要研究テーマ

  1. 口腔・顎・顔面領域疾患の診断基礎および診断に関する画像診断学的研究
  2. 画像所見の数値表現化に関する研究
  3. 必要な画像情報に対する放射線線量の適正化に関する研究
  4. 顎関節の形態と機能に関する画像診断学的研究
  5. CT、MRI、超音波、核医学による頭頸部疾患の画像診断学的研究
  6. HIS(病院情報システム)、RIS(放射線情報システム)、PACS(統合画像診断管理システム)、モダリティ(画像診断装置)連携による診療支援システムの開発

 

 

歯科麻酔科学分野

北畑洋教授 メールアドレス hiroshi@tokushima-u.ac.jp

 

歯科麻酔科学分野では,より安全な周術期患者管理を目標としてin vivoマウス心筋虚血再灌流モデルや培養心筋細胞などを用いて,以下のような基礎的研究を行い臨床への応用を目指している。1)mTOR を介した心筋保護作用:虚血再灌流障害に対する新しい治療法,2)長寿遺伝子Sirtuinの吸入麻酔薬によるプレコンディショニング作用への影響,3)遺伝科学的手法を用いた歯周炎惹起血管異常の予防および治療法の開発と麻酔薬作用,4)静脈麻酔薬が血管内皮細胞増殖因子と血管新生に与える影響。また臨床研究としては,Stroke Volume VariationやPleth Variability Indexなどを用いた循環動態の急変を予測できる動的指標に関する研究を行っている。

 

 Figure1  Figure2  Figure3

The endothelial capillary tubule formation in co-cultured human umbilical vein endothelial cells

and human diploid fibroblasts.

The cultured cardiomyocytes of neonatal rat exhibit spontaneous contraction. Cyclic variation of stroke volume or perfusion index with respiration can provide a prediction of fluid responsiveness.

 

歯科麻酔科学分野オリジナルサイトはこちら

 

総合診療歯科学分野

河野文昭教授 メールアドレス fumiaki@tokushima-u.ac.jp

 

歯科医療は、歯周病などの疾病の予防と治療、咀嚼、発音などの機能回復を目的とした治療など多岐にわたります。総合診療歯科学分野では、様々な角度から他の分野と連携しながら研究を進めています。

 

主要研究テーマ

  1. 機能時の義歯床下粘膜の圧力分布からみた全部床義歯に付与する咬合様式の検討
  2. 即時荷重インプラントの臨床的評価法の開発
  3. チェアーサイドで簡便に測定できる歯の変位計測システムの開発
  4. 非接触式三次元形状計測機器の開発

 

総合診療歯科学分野では、歯科臨床に直結した問題に取り組むことで、患者のQOLを維持・向上するために貢献したいと思っています。

 

最終更新日:2018年11月30日