hiraku-logo.png

科学技術人材育成のコンソーシアムの構築事業「次世代研究者育成プログラム」

 

中国四国地方を中心とした次世代研究者育成プログラム「未来を拓く地方協奏プラットフォーム」の情報を発信しています。

 

HIRAKUトップ プログラム概要 イベント 活動報告 公募情報 若手研究者の方へ 企業の方へ  

 

活動報告                 

                                                                                                                                                 

「未来博士3分間コンペティション2018」において本学大学院生が表彰されました。

 

日時: 平成30年9月15日(土)

場所: 東広島芸術文化ホール くらら大ホール

 

9月15日(土)未来を拓く地方協奏プラットフォーム運営協議会主催による「未来博士3分間コンペティション2018」が、東広島市の「東広島芸術文化ホール くらら」において開催されました。本大会は、1枚のスライドと3分間という限られた時間を使って、自分自身の研究のビジョンと魅力について、一般の方にわかりやすく伝えることで、自身のコミュニケーション能力・アピール力の向上を図るとともに、社会における博士人材と博士研究に対する肯定的な理解を広めることを目的としています。

今年は、博士課程後期学生31人が発表しました。

 

本学からは、学内選考会を経て7名の大学院生が参加し、自身の研究のビジョン等について熱く語りました。

大会終了後、表彰式が行われ、本学の挑戦者から1名が、英語部門で優秀賞を授与されました。

 

なお、来年度も、この未来博士3分間コンペティションが開催される予定です。来年度の挑戦、お待ちしています。

 

 

 3MTimage3.jpeg

 

 

 

 3MTDSC01125.JPG

▲受賞式終了後、参加者および関係者の集合写真

 

 

 3MTDSC01129.JPG

▲徳島大学参加者

 

(左から 新村貴博さん、Nguyen Thi Nhienさん、角村法久助教、Shaista Afroz さん、Khurel Ochir Tsendsuren さん、

佐々木卓也研究担当理事、唐 卿さん、新井田 裕樹さん、Resmi Rajuさん)

HIRAKU事業 代表機関 広島大学の未来博士3分間コンペティション2018大会報告は

こちら http://home.hiroshima-u.ac.jp/hiraku/event/competition_2018/report/