徳島大学の知財教育の体系

 

実社会で真に活躍できる人材育成の実践

  • 「知財の知識を学ぶ」教育に留まらず、「学生が実際に特許を取得する」、「知財に関する資格制度を理解できる」といった実践的な教育システムを構築
  • 民間企業等において、知財の活用に関する実務経験を有する講師が、具体的な実例を交えて講義を実施。

 

理工学系、医療系における知財教育を相互補完する形で総合的なカリキュラムを構成

 

taikei2019
画像をクリックするとPDFが開きます

 

知財教育の特色

 

知的財産管理技能検定3級(国家試験)の取得を推奨しており、多くの検定試験で「学生現役3級合格ランキング上位(国立大学トップ)」を達成している。
知的財産教育協会HP 国家試験 知的財産管理技能検定 実施データ

 

文科省、特許庁他が主催するパテントコンテストに応募し、多くの受賞を獲得している。
パテントコンテストにおける過去4年間の大学部門受賞数は全大学トップであり、学生が実際に特許出願・特許権取得を行っている。
独立行政法人 工業所有権情報・研修館HP パテントコンテスト 選考結果一覧

 

未来を拓く地方協奏プラットフォームHIRAKU事業は、博士人材や若手研究者の育成を目的として広島大学、山口大学、徳島大学を中心に中・四国地区の国公私立大学、企業等により構成した産学官コンソーシアムである。博士人材育成の一環として、実践的な能力の養成とアカデミア以外のキャリアオプションの拡大を図ることを目指し、長期インターンシップ制度(1ヶ月以上)を設けている。
徳島大学 研究支援・産官学連携センターHP 未来を拓く地方協奏プラットフォーム

 

 

お問い合わせ先

徳島大学 研究支援・産官学連携センター(井内)

電話番号:088-656-7592 ファックス番号:088-656-7593

メールアドレス:rac-info@tokushima-u.ac.jp

 

 

更新日:2019年11月15日