ノートパソコンの必携について

方針

 徳島大学では、教養教育における「情報科学入門」を始め、各学部での授業、講義 レポートの作成、ゼミでの発表、論文作成、学会発表原稿の作成など数多くの機会にパソコンとインターネットを活用します。
 また、担任教員との連絡(ポートフォリオ)、授業教員への質問(インターネット 型オフィスアワー)、四国5大学連携知プラe科目(教養科目で約60科目開講中)等のe-ラーニングによる履修、反転授業、授業の履修登録、自分の成績閲覧及び休講情報や授業担当教員・事務からの連絡事項などをWebサイトを通じて行っています。
 これら情報通信技術を活用した教育提供を目的に、平成31年度の学部入学生からパソコンの必携化を実施しています。授業でのパソコン利用に備えて、持参できるよう準備しておいてください。

目的
〇急速に進む高度情報化社会において情報通信技術(Information and Communication Technology : ICT)を充分に活用できる能力を有する人材を輩出すること。
〇ICTを活用したオンデマンド方式の講義手法(反転授業、e-ラーニング等)により 教育力を強化すること。(いつでも・どこでも)
〇プレゼンテーション能力(情報収集、資料作成、発表)の向上
〇各種通知、掲示、レポート等の提出物などのペーパーレス化を推進すること。
〇教員と学生の相互連絡(担任制によるポートフォリオ、講義担当教員との連絡)
〇電子雑誌・図書、学術誌の閲覧

施策
 以下の施策を推進します。
〇パソコンを活用した更なる授業の充実
〇学内の無線LAN(Wi-Fi)設備などパソコン利用環境の整備・充実
〇経済的理由によりパソコンを購入できない学生に対する長期貸出

 なお、徳島大学ではアプリケーションソフト(Microsoft Officeなど)とウイルス対策ソフトウェアをそれぞれ包括契約し、本学の学生・教職員が無料でこれらソフトウェアを使用できるよう支援しています。

入学までにご準備いただくノートパソコンの必要条件(2021年度学部入学生用)

要件を満たすノートパソコンを既にお持ちの場合は新たに購入される必要はありません。

1.ソフトウェア要件
・Windows OSまたはMac OSが動作すること。
・最新版のMicrosoft Officeが動作すること。
・コンピュータセキュリティウイルス対策ソフトウェアが動作すること(Windows Defender等)
(※)新規購入時にMicrosoft Office、 ウイルス対策ソフトウェアを購入する必要はありません。大学のマイクロソフト包括契約により、OS にかかわらず、在学中無償で利用できます。

2.ハードウェア要件
・容易に持ち運べるノート型のパソコンであること。
・無線LAN(Wi-Fi)によってネットワークに接続できること。
・内蔵またはオプションとして、同時双方向型(テレビ会議方式等)の遠隔授業に利用できるカメラとオーディオヘッドセットを備えていること。
・概ね、下表に示す性能が目安。

項目 性能
CPU(プロセッサ) Core i5以上、最大周波数2.5GHz以上
ストレージ(HDD、SSD等)   128GB以上
メモリ 8GB以上
画面 サイズ:11インチ以上
バッテリ駆動時間 8時間以上
重量 1.5㎏以下
キーボード ハードウェアキーボードを有すること。キーボード配列は任意。

※補足事項
・基本要件はあくまで目安です。また、下記に各学部・学科からの指示がある場合はそちらが優先されます。
・徳島大学生協オリジナルセットは、 上記の要件を満たしています。
・液晶画面がタッチパネル式である必要はありません。
・上記の各種要件は2021年度学部入学生用です。2022年度以降の学部入学生用の要件はハードウェア技術の進歩などに伴い変更される可能性があります。
・本必携パソコンに対する自宅等でのインターネット接続環境の整備を推奨いたします。

下記の学部・学科に入学されるみなさまは、準備するパソコンの性能についてご注意ください

○総合科学部社会総合科学科心身健康コース
 
運動時の動画撮影及び編集作業をスムーズに進行させるため、HDDもしくはSSDの容量が256GB以上であることが望ましいです。
○総合科学部社会総合科学科地域創生コース
 
動画編集や画像処理を学びたい場合、基本要件より高性能なパソコンが必要になる場合があります。概ね、CPU: Intel Core-i5以上に相当、メモリ:16GB以上、VRAM:4GB以上、画面:Full HD以上が目安です。(Windows、Mac 共通)
○医学部の全学科および歯学部歯学科
 
パソコンには、最新のMac OSを搭載した 1.1GHz 以上の Intel Core i5 を有する MacBook、MacBook Air なども含みます。 iPad等のタブレット機能のみを有する端末では対応できないことがあります。
○理工学部理工学科全コース
 
遠隔講義に参加するため、マイクとカメラがついているPCを推奨。
○理工学部理工学科社会基盤デザインコース
 
建築を学びたい場合、基本要件に加えて、メモリ:16GB以上を推奨します。
○理工学部理工学科 電気電子システムコース
 
プログラミング、マイコン実習等の講義にWindows環境専用のソフトウェアを使用するので、Windows環境を使用可能なPCを強く勧める。

経済的事情によりノートパソコンを用意することが困難な方へ

 経済的理由によりパソコンを用意出来ない方のために、学部新入生(編入学を除く)で、下記対象者のうちの希望者に選考の上、本学からノートパソコンを1年間無料で貸与します。貸与希望者は、入学手続き時にノートパソコン貸与申請書を提出してください。なお、貸与の場合でも保険料年間約9,000円と返却時の初期化費用約3,300円は必要となります。
〈対象者〉
  1. 生活保護世帯である者
  2. 社会的養護を必要とする者(満18歳となる日の前日(又は高校卒業時点)(申込時点で18歳になっていない場合は申込時点)に児童養護施設等に入所していた者、又は里親等を行う者のもとで養育されていた者)
  3. 入学前1年以内に入学者の主たる学資負担者の死亡、又は入学者本人若しくは主たる学資負担者が風水害等の災害(罹災証明書により証明されたもの)を受けた者
  4. 入学前1年以内に入学者の主たる学資負担者が次のいずれかに該当する者
    ・不慮の事故又は病気により長期療養中
    ・勤務する会社等の倒産又は失職(定年退職、任期満了に伴う退職を除く。)
    ・行方不明
  5. 日本学生支援機構給付奨学金の予約採用候補者第Ⅰ区分に決定された者
〈貸与の流れ〉

貸与を申請する入学生は、入学手続書類提出時に「ノートパソコン貸与申請書」を提出。
               ↓
選考の上、3月31日までに本学から選考結果を連絡。貸与されることとなった学生には「貸与許可証」をお渡しします。
               ↓
学生は、「貸与許可証」を徳島大学生協カウンターへ提出。
               ↓
ノートパソコンを受領。1年間、各自で管理・使用する。
               ↓
翌年3月31日までに徳島大学生協カウンターへノートパソコンを返却。

 

参考リンク 
tokushima_bnr.png

最終更新日:2021年1月4日

閲覧履歴