機器番号23 検出器切換型X線CT装置

2017年5月29日
研究分野 環境保全技術開発
機器番号 23
設備名 検出器切換型X線CT装置
規格 コムスキャンテクノ(株) ScanXmate-G100S110
用途 LED応用製品及びエネルギー開発部品の非破壊検査に必要。
二酸化炭素地下貯留技術取得のための微小領域における二相流動状態の測定を行う。
仕様・特徴
  • X線管電圧:100KV
  • X線管電流:200μA(最大20W)
  • X線焦点径:5μm
    材質によるが直径30mm以内の物体なら、
    非破壊で内部構造を可視化可能
設置場所 エネルギー制御・環境技術開発室
連絡先

理工学部理工学科情報光システムコース

河田 佳樹 教授

E-mail:kawata@tokushima-u.ac.jp

利用マニュアル

 

装置利用マニュアル(23.検出器切換型X線CT装置).pdf(143KB)

※ご利用いただく前に実稼働時間をご確認ください。
※機器利用料金についてはこちらのページをご確認ください。

 

 

機器番号23 検出器切換型X線CT装置