機器番号19 三次元PIVシステム

2017年5月29日
研究分野 環境保全技術開発
機器番号 19
設備名 三次元PIVシステム
規格 日本カノマックス(株) DAVIS-3D-PIVT
用途

非接触に流体(気体、液体など)の速度場(多点速度ベクトルなど)を計測する装置。

再生可能エネルギー資源の有効活用を実現する環境負荷の小さな小型風車や小型水車の研究

開発に利用する。また、各種流体機器の速度場計測を実施し、その省エネルギー化や最適な

流動状態について検討を行う。

仕様・特徴
  • 誤ベクトル発生率 0.05%(3成分速度解析パッケージ)
  • 最小パルス間隔 10ns(プログラマブルタイミング制御装置)
  • 解像度2048pixel×2048pixel,最小フレーム切替時間110ns(CCDカメラ)
  • レーザ出力135mJ/Pulse(ダブルパルスYAGレーザ)
設置場所 エネルギー制御・環境技術開発室
連絡先

理工学部理工学科機械科学システムコース

重光 亨 准教授

E-mail:t-shige@tokushima-u.ac.jp

利用

マニュアル

 

装置利用マニュアル(19.三次元PIVシステム).pdf(171KB)

※ご利用いただく前に実稼働時間をご確認ください。
※機器利用料金についてはこちらのページをご確認ください。

 

 

機器番号19 三次元PIVシステム