機器番号8 連続角度光散乱光度計

2017年5月29日
研究分野 応用製品分析評価
機器番号 8
設備名 連続角度光散乱光度計
規格 ドイツALV社 ALV/CGS-3/7002 Goniometer System
用途

He-Neレーザーを用いた動的および静的光散乱装置。

生体高分子の生産に与えるLED光の影響を調べ、植物生産におけるLED光の応用開発。

仕様・特徴
  • レーザー: 波長632.8nm、出力22mW
  • 検出器: APD(量子効率 > 80%)
  • 角度範囲:17~150°(精度0.025°)
  • 相関計サンプリングタイム:100ns~13743.6s
設置場所 生物応用技術開発室
連絡先

生物資源産業学部応用生物資源学分野

玉井 伸岳 准教授

E-mail:tamai@tokushima-u.ac.jp

利用マニュアル

 

装置利用マニュアル(8.連続角度光散乱光度計:受託).pdf(277KB)

※ご利用いただく前に実稼働時間をご確認ください。
※機器利用料金についてはこちらのページをご確認ください。

 

 

機器番号8 連続角度光散乱光度計