教育支援の取り組み

教育支援センターの体制と業務

医学部教務委員会、学務課第一教務係、大学院医歯薬学研究部医療教育開発センターと連携・協力し、医学医療教育の新しい教育手法や教育評価法を開発・導入して医学教育カリキュラムに反映させる目的で設置されている。兼任、専任の教員に加えて事務補佐員2名の体制で下記の業務を実施している。
 
1)医学研究実習(研究室配属)、PBLチュートリアル教育、4年次メンター制、臨床実習前教育(基本的診療技能実習、内科診断学実習)、診療参加型臨床実習・学外実習の実施支援
2)教員・指導医を対象としたFD講習会の立案・実施
3)共用試験医学系CBTおよびOSCE、advanced OSCEの実施支援
4)医学教育に関する各種調査・分析
5)カリキュラムの立案・評価

 

 

EnglishPlus+

ENGLISH PLUS+は,蔵本キャンパス全学部の学生を対象に,英会話をより身近に学ぶことができる環境を提供することを目標として、医学部教育支援センター長の管理の下、学生スタッフが中心となって運営しています。利用者がスタッフや他の利用者と英語でコミュニケーションをとることで、英会話の自然な上達を目指しています。ランチタイムの英語フリートークに加え、短期交換留学に参加した学生のプレゼンテーションなども行っています。毎月、歯学部 International Friendship Room との合同で Happy Lunch Hour も開催しています。

 

English Plus+ スタッフ・ミーティング議事録(学内限定)