ニュース

大西恵理子先生講演会報告

2015年10月26日

医学教育講演会「米国で医師として働くためのキャリアパス〜現場から伝えたいこと、経験からの助言〜

講師:大西恵理子先生(オレゴン健康科学大学家庭医療科助教授)

日時:平成27年10月24日 (土)11:00~13:10

場所:徳島大学スキルスラボ5&6

主催:徳島大学医学部教育支援センター

共催:徳島大学大学院医歯薬学研究部医療教育開発センター

徳島大学病院キャリア形成支援センター、徳島県地域医療支援センター 

 

大西先生は徳島県立城南高校、筑波大学をご卒業後、横須賀米国海軍病院、茅ヶ崎徳洲会病院での国内研修を経て渡米し、米国で家庭医療専門医を取得、その後も米国で緩和ケア医、家庭医として活躍されています。今回のご講演では、先生のご経験に基づいて、米国で医師として働くためのキャリアパスと米国における家庭医の現状について詳しくお話しいただきました。参加者は31名(医学科学生14名、医科栄養学科学生1名、本学教職員6名、学外医師3名、一般7名)で、医療保険、医療体制ならびに教育システムについて日米を比較しながら家庭医の役割とその意義について活発なディスカッションが行われました。大西先生からは、英語力、コミュニケーション力、医学に関する知識・技能の修得の重要性と共に、自分の志す道を諦めない柔軟さと強さを併せ持つことが大切とのメッセージをいただきました。

 

IMG_0837.JPG  IMG_0830.JPG

お問い合わせ

教育支援センター
電話:088-633-7222
bt-retune.gif