ニュース

実験ノートを配布しました【Student Lab】

2014年6月17日

Student Labに所属する学生に実験ノートを配布しました。

学生は各自所属する研究室において行った実験内容を記録していくことになります。

以下に徳島大学医学部の基本的な実験ノートの書き方を参考として載せてあります。

 

医学研究実習:

実験ノートのあり方

 

1.     実験ノートは実験者が行った正確な記録を残すものであり,美しさにこだわる必要はない.

2    ノートに記録された情報は,徳島大学医学部の知的財産となる.

3.     ページ番号を記入し,表紙には実験者の名前,記入開始日,記入終了日を書いておく.

4.     ノートには実験者と指導教員の名前と連絡先を書いておく.

5    行った実験は,練習・失敗・成功問わず,その日時,場所,条件,方法,結果(数値データ,写真,図なども含む),考察,展望などをできるだけ詳細に記録しておく.パソコンに保存しているデータについては,その保存場所やファイル名などを記録しておく.

6    実験に関する思いつきや,計画,分野内ミーティングのメモ,関連文献からの引用なども積極的に記録する.

7.     ノートは常に研究室に置いておき,外に持ち出さない.

8.     ノートは消すことのできないインク(油性ボールペンなど)を用いて,読みやすい字で記入する.

9.     修正が必要な時は線で消し(例:修正前),修正前の情報を読み取れるようにしておく.

10.    すべての情報は時系列順に記入する.

11.    新しいページから実験を開始し,不必要な空白には斜線を引いておく.

12.    ノートからページを切り取ってはならない.

13  ノートは最終評価の参考資料のひとつとなるが,特別な理由がない限り公開されない.

 

2014.04.10

徳島大学医学部

お問い合わせ

教育支援センター
電話:088-633-7222
bt-retune.gif