ニュース

スタンフォード大学教員招聘による臨床実習・卒後臨床研修指導

2016年2月2日

~ 徳島大学におけるスタンフォード・ジャパンプログラム ~

徳島大学では、医学教育の国際化を目的として、生体情報内科学の松本俊夫教授のご尽力ならびにスタンフォード大学内科のKuffner赤津晴子准教授のコーディネートにより、スタンフォード大学教員の招聘を毎年行っています。この取り組みは2009年度から始まり、これまでに5名の臨床・研究ならびに教育の経験豊富な教員が派遣され、多くの臨床実習学生、研修医、レジデント、大学院生がその指導を受けています。

 

2009年10月19日~10月23日
Sally Arai, M.D.
Assistant Professor of Medicine
Division of Blood and Marrow Transplant
Stanford University Medical Center

 

2011年2月28日~3月4日
Marina Basina, M.D.
Assistant Professor of Medicine

Division of Endocrinology, Gerontology and Metabolism
Stanford University Medical Center

 

2012年2月27日~3月2日
Michaela Liedtke, M.D.
Assistant Professor of Medicine/Hematology
Stanford Cancer Center

 

2013年3月4日~3月8日
Andrea M. Tom, M.D.
Clinical Assistant Professor
Stanford University

 

2014年1月27日~1月31日
Wen-Kai Weng, M.D., Ph.D.
Assistant Professor of Medicine
Department of Medicine, Division of Blood and Marrow Transplantation
Stanford University School of Medicine

2015年1月26日~1月30日
Andrew R. Rezvani, M.D.
Assistant Professor of Medicine, Stanford University

 

2016年1月25日~1月29日

Dr. Marilyn Tan, MD

Clinical Assistant Professor

Division of Endocrinology, Gerontology, and Metabolism, Department of Medicine, Stanford University School of Medicine

 

 

 

 

 

 

stanfordphoto.png

 

 

 140128(ランチョンセミナー)7.jpg

 

 

 

 

 

 

 

  

 

 

 

 

 


 

*この取り組みは、徳島大学生体情報内科学が中心となり、その一部は平成21~23年度は組織的な大学院教育改革推進プログラム「医療系クラスターによる組織的大学院教育」、平成22~24年度は大学病院間の相互連携による優れた専門医等の養成「四国本州メディカルブリッジ高度医療人養成」の助成をうけ、徳島大学大学院ヘルスバイオサイエンス研究部医療教育開発センター、徳島大学病院キャリア形成支援センターとの共催により実施されてきました。さらに平成25年度は徳島県地域医療支援センター主催事業となり、徳島県立中央病院の共催が加わって、同病院での研修医指導も行われ、総合メディカルゾーンでの教育連携へと発展しています。

お問い合わせ

教育支援センター
電話:088-633-7222
bt-retune.gif