ニュース

平成22年度クリニカルクラークシップ指導者養成講習会

2010年7月7日
平成22年7月7日(水)17:30-21:30 第3・第4会議室
タスクフォース:赤池雅史・三笠洋明(医学部教育支援センター) 、岩田 貴(医療教育開発センター)、
加賀谷 豊(東北大学卒後研修センター)、門馬靖武(東北大学卒後研修センター)
主 催:医学部教育支援センター、大学病院連携型高度医療人養成推進事業「四国本州メディカルブリッジ高度医療人養成」、医学部FD委員会
臨床系分野から16名の参加があり,今回とは特に卒前臨床実習から後期専門研修に至る一貫した臨床教育・研修指導のあり方を習得することを目的と して、2つのミニレクチャーと3つのワークショップを実施しました。参加者によるポストアンケートでは,総合平均で4.14点(5点満点)のご評価をいた だき,好評でした。診療で忙しい中、ご参加いただいた諸先生方,本当にありがとうございました。

■WS1「今,クリクラで問題と思うこと」

臨床実習のホットな問題点について診療現場からの意見を議論した。 学生側の問題点としては「事前の自己学習の不足」、指導医側の問題としては「多忙な診療により指導する時間、指導医の数の不足」、教育環境の問題としては 「電子カルテ端末の不足」等が挙げられた。また、「教育業務担当への評価が不明確である」ことも問題点として指摘された。

■ミニレクチャー「診療参加型臨床実習とは」

医学部教育支援センター・赤池雅史
診療参加型臨床実習の目的、意義等の基本事項についてレクチャーを行った。クリニカルクラークシップは成人学習理論に基づいたon-the- job-trainingであり、準備教育、学習者に持ち場・役割を与える、フィードバック、評価、フォローアップが重要であることが説明された。さら に、診療参加とは手技をさせることではなく、診療チームの一員としての役割を持たせること、特に内科系では医療面接・身体診察・診療録記載・プレゼンテー ション等の基本的技能が最優先の学習項目であることが強調された。また、診療チームの一員として診療に参加、指導医が臨床医として模範的などが、学生によ る臨床実習満足度を規定していることが報告された。

■WS2.「効果的指導法・5マイクロスキル実践」

“環境づくり→学生による症例提示に基づいた患者の診断→5マイクロスキルを用いた学生の診断・評価(1.考えを述べさせる,2.根拠を述べさせる) と学生への介入(3.一般論のミニ講義,4.できたことをほめる,5.間違いを正す)”から構成される効果的な指導方法について,ロールプレイを行った。ロール プレイでは、高圧的・威圧的な指導、一方的に教えてしまう指導、5マイクロスキルを用いた指導の3つのパターンを経験し、さらに5マイクロスキルを用いて 実践的な指導方法の練習を行った。

■ミニレクチャー「クリニカルクラークシップから卒後臨床研修へ~東北大学の試み~」

東北大学卒後研修センター・加賀谷豊教授
東北大学病院で行われている臨床実習の教育目標、時間配分、評価項目について紹介があった。次に東北大学病院卒後臨床研修プログラムの紹介があ り、外来を利用したhalf-day back研修が総合診療能力の育成に効果的で、研修医の満足度も高いことが報告された。また、卒後研修センターもしくは診療科から研修医の希望にあわせて 「ホスト診療科」を設定し、研修医のケアと研修の一貫性に取り組んでいることが紹介された。さらに卒後3年目以降の東北大学への帰学率が比較的高いことが 紹介され、東北大学高度医療人キャリアパス支援システム等、後期専門研修~生涯研修につながる医学教育の取り組みについて紹介があった。

■WS3.「効果的な実習プログラムを作成しよう」

忙しい診療の中で学生を診療チームに参加させ、かつ、効果的な指導およびフィードバックを行うことのできる実習スケジュール作成を試みた。さら に、360度評価,形成評価・総括評価,プログラム評価を具体的にどのように実習の中に盛り込んでいくかについても検討した。全体発表では、外科、整形外 科、眼科のプログラムについて呈示があり、議論を行った。
平成22年度クリニカルクラークシップ指導者養成講習会
bt-retune.gif