平成22年度 受賞・表彰

教員等の受賞・表彰のニュースを掲載しています。

平成23年 3月29日

大学院ソシオテクノサイエンス研究部 永瀬 雅夫 教授が、「エピタキシャルグラフェンの成長と評価」の研究で、平成22年度物性科学基礎研究所所長表彰業績賞を受賞しました。

 

平成23年 3月28日

大学院ヘルスバイオサイエンス研究部 吉田 昌裕 准教授が、「プロパルギル化合物を用いた新規分子変換反応の開発と展開」で、日本薬学会奨励賞を受賞しました。

 

平成23年 3月25日

大学院ヘルスバイオサイエンス研究部 上村 浩一 准教授が、「日本人一般集団における残留性有機汚染物質の蓄積量および健康影響についての検討」で、平成22年度日本衛生学会奨励賞を受賞しました。

 

平成23年 3月24日

大学院ヘルスバイオサイエンス研究部 新垣 尚捷 准教授が、「抗肥満治療薬のスクリーニング技術」で、「2011年バイオビジネスアワード JAPAN」彩都賞を受賞しました。

 

平成23年 2月14日

心臓血管外科 元木 達夫 助教が、「ピオグリタゾン投与による腹部大動脈における抗動脈硬化作用の検討」で、第24回徳島医学会賞を受賞しました。

 

平成23年 1月28日

病院眼科 江口 洋 講師が、「technique / complication management 部門 silver award」で、第34回日本眼科手術学会総会 第 6回 Ophthalmic Surgery Film Awardを受賞しました。

 

平成23年 1月22日

大学院ソシオテクノサイエンス研究部 緒方 広明准教授が、第78回グループウェアとネットワークサービス研究会において発表した論文 「SCROLL:Ubiquitous Learning Logの利録と再利用の支援について」に対する評価で、優秀発表賞を受賞しました。

 

平成22年12月17日

矯正歯科 石本 恭子 診療支援医師が、「「Functional analysis of a novel adipokine, D-dopachrome tautomerase, in preadipocytes.」で、Poster Presentation Award、International Joint Symposium on Oral Scienceを受賞しました。

 

平成22年12月 6日

矯正歯科 渡邉 佳一郎 診療支援医師が、「An acidic milieu created in myeloma-osteoclast interaction enhances tumor growth, but triggers anti-myeloma activity of Reveromycin A, a novel anti-resorptive agent.」で、52nd ASH Travel Award、52nd American Society of Hematology Annual Meeting and Expositionを受賞しました。

 

平成22年12月 3日

疾患ゲノム研究センター遺伝子実験施設 新田 剛 講師が、「胸腺微小環境におけるT細胞レパトア形成のメカニズム」 で、平成22年度日本免疫学会研究奨励賞を受賞しました。

 

平成22年12月 3日

大学院ソシオテクノサイエンス研究部 緒方 広明准教授が、「The 18th International Conference on Computers in Education (ICCE 2010)」において、 国際会議論文に対する評価で、Best Presentation Awardを受賞しました。

 

平成22年12月 3日

病院 内分泌・代謝内科 吉田 守美子医員が、「アンドロゲン受容体は虚血後骨格筋細胞のアポト-シスと血管新生を制御する」で、第18回日本血管生物医学会Young Investigator's 優秀賞を受賞しました。

 

平成22年12月 1日

病院 放射線部 竹内 麻由美講師が、「The Diagnostic Impact of 3 T MR Spectroscopy in the Female Pelvis」で、北米放射線学会Certificate of Merit賞を受賞しました。

 

平成22年11月20日

矯正医師 泰江 章博 助教が、「Effects of the inhibition of Smad3 phosphorylation on wound healing.」で、2010年度JADR学術奨励賞、58th Annual Meeting of Japanese Association for Dental Researchを受賞しました。

 

平成22年11月20日

大学院ヘルスバイオサイエンス研究部 山下 菊治准教授が、「Functional materials from coating of reconstructed extracellular matrix at the surface of bioactive layer on titaniumに関する研究」で、The Sixth Asian Science Seminar PRESIDENT AWARDを受賞しました。

 

平成22年11月 6日

大学院ヘルスバイオサイエンス研究部 石澤 啓介助教が、「腎・心血管障害における細胞内分子機構解明とその治療法の開発」で、日本薬学会中国四国支部奨励賞を受賞しました。

 

平成22年10月26日

心臓血管外科 黒部 裕嗣 大学院助教が、「乳児期早期胸腺全摘出が起こす術後免疫学的問題点とその対策」で、第63回日本胸部外科学会定期学術集会プレナリーセッションを受賞しました。

 

平成22年10月20日

薬剤部 寺岡 和彦 副部長が、「薬事関係事業の推進に寄与し、県民の保健衛生の向上に尽くした功績が特に顕著な者として受賞」で、徳島県知事表彰(薬事功労)を受賞しました。

 

平成22年10月15日

矯正歯科 渡邉 佳一郎 診療支援医師が、「A novel anti-resorptive agent, reveromycin A, ameliorates bone destruction and tumor growth in myeloma.」で、2010 ASBMR Young Investigator Award、32nd Annual meeting of American Society of Bone Mineral Researchを受賞しました。

 

平成22年10月14日

心臓血管外科 黒部 裕嗣 大学院助教が、「エゼチミブ投与による脂質代謝および血管機能改善効果の検討」で、第51回日本脈管学会総会JCAA優秀賞を受賞しました。

 

平成22年 9月27日

矯正歯科 川上 恵実 診療支援医師が、「特殊加工コラーゲンを単体としたマイオスタチンsiRNA 投与による骨格筋量調節法の研究」で、優秀発表賞、第69回日本矯正歯科学会大会を受賞しました。

 

平成22年 9月22日

矯正歯科 渡邉 佳一郎 診療支援医師が、「The novel anti-resorptive agent reveromycin A ameliorates bone destruction and tumor growth in myeloma.」で、Travel Grant Award、10th International Conference Cancer-Induced Bone Diseaseを受賞しました。

 

平成22年 8月25日

大学院ソシオテクノサイエンス研究部 大西 徳生教授が、「長年にわたる産業応用部門の部門活動に対する貢献」で、産業応用特別賞貢献賞を受賞しました。

 

平成22年 8月22日

大学院ソシオテクノサイエンス研究部 渡辺 公次郎助教、河村 勝技術職員が、(社)日本工学教育協会主催の第58会工学・工業教育研究講演会において、 「学生サークル活動による建築教育の試み」のポスター発表に対する評価で、Best Presentation Awardを受賞しました。

 

平成22年7月31日

大学院ヘルスバイオサイエンス研究部 林 良夫教授が、独立行政法人日本学術振興会 特別研究員の審査について、「模範となる審査意見を付していただいた専門委員」として表彰されました。

 

平成22年 6月18日

大学院ヘルスバイオサイエンス研究部 石田 竜弘准教授が、「生体内動態検討を基盤としたDDSの開発」で、2010年度 日本DDS学会奨励賞(臨床系)を受賞しました。

 

平成22年 5月26日

大学院ソシオテクノサイエンス研究部 大西 徳生教授が、「パワーエレクトロニクスの研究・産業応用における功績に対する表彰」で、フェローを受賞しました。

 

平成22年 5月24日

大学院ヘルスバイオサイエンス研究部 宍戸 宏造教授が、「For Outstanding Research In Heterocyclic Chemistry And Contributions to the Heterocycles.」で、KAMETANI AWARD 2010を受賞しました。

 

平成22年 5月22日

病院診療支援部 臨床検査技術部門 佐藤 雅美臨床検査技師が、「インヒビター陽性重症血友病Bの治療における因子活性とインヒビター力価の推移」で、日臨技(日本臨床衛生 検査技師会)学術奨励賞優秀論文賞を受賞しました。

平成22年 4月 8日

病院放射線部 竹内 麻由美講師が、「子宮頸癌に対する放射線治療の早期治療効果予測における3T MRIを用いた拡散強調像及びMRスペクトロスコピーの有用性の検討」で、日本医学放射線学会研究助成賞を受賞しました。

 

 

最終更新日:2013年10月1日