塩野義製薬株式会社の公募プログラムのお知らせ

2014年7月2日

 

塩野義製薬株式会社より、2014年度の公募プログラムのご案内がありましたので、ご紹介いたします。

 

 

2014年度の塩野義製薬株式会社の公募プログラムについて

 

謹啓

 

 向夏の候、ますますご繁栄の事とお喜び申し上げます。また、平素は格別のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。

 塩野義製薬株式会社は、2007年度より実施しております 「シオノギ創薬イノベーションコンペ(FINDS)」に加え、2011年度より国際産学連携 「SHIONOGI Science Program(SSP)」を実施しております。

 FINDSは国内の研究者の皆様からアイデアを共に育てるというコンセプトで実施し、みなさまのご協力のもと、多岐にわたる成果がでてきております。この経験を元に海外に広げたものがSSPです。

 今年度は、産学連携のグローバル化を推進することを目的に、FINDSは休止し、SSPのみの開催とさせていただきます。

 なお、今年度は日本語、英語どちらでも応募いただけるとともに、日本の先生単独でも応募できるようにしております。

 募集開始は10月1日10時(日本時間)を予定しております。(応募フォーマット自体は募集開始日時まで公開されません)

 

 お問い合わせは、メールにてご連絡いただきますようお願いいたします。

 


 

SSP2014.jpg

■ 詳細URL http://www.shionogi.co.jp/ssp/jp/

 

■ 公募プログラム
   「国際産学連携SHIONOGI Science Program」

■ 公募期間
   2014年10月1日10時~2014年10月31日17時(日本時間)

■ 1件あたり、年間500万円から1500万円

■ 募集領域
  1.肥満、非アルコール性脂肪性肝炎(NASH)治療薬の創薬
    シーズ
  2.細菌/真菌感染症・新興再興感染症治療薬の創薬シーズ
  3.癌治療ペプチドワクチンの臨床効果を最大化する新規標
    的分子、分析手法、バイオマーカー
  4.新規抗癌剤の創薬シーズ
  5.乾癬及びアトピー性皮膚炎(痒み)の創薬における新規標
    的分子,分析方法,評価モデル
  6.中枢神経疾患治療薬創製のための創薬技術
  7.慢性疼痛治療薬の創薬シーズとバイオマーカー
  8.個別化医療に繋がるバイオマーカー測定系技術
  9.次世代先端医薬品につながる創薬プラットフォーム技術
  10.新たな付加価値を与える新規製剤技術

 

 

関連ワード