薬物応答制御学

研究概要

薬剤をヒトに投与した後に得られる客観的パラメーター(薬物の体内暴露量、薬物効果、副作用)と個人の背景情報(肝の薬物代謝酵素の遺伝多型や標的組織内での薬理効果、副作用に関わる標的酵素の遺伝子発現、タンパク質発現、遺伝多型)との関連性に関する研究

 

研究室について

  • 研究室メンバー