ディプロマ・ポリシー

博士前期課程 創薬科学専攻

次に掲げる目標を達成した学生に修士の学位を授与します。

 

  1. 学識,研究能力及び高度専門職業能力
    幅広い教養と論理的思考を備え,創薬科学の専門知識を体系的に修得し,創薬に関する問題を解決する方法とその結果を的確かつ論理的に展開する能力に加え,専門的な職業に従事できる高度な能力を有している。
  2. 倫理観及び責任感
    コミュニケーションを通して豊かな人間関係を築きながら高い倫理観・責任感を備え,創薬科学の分野において自立して行動できる。
  3. 国際的発信力及び社会貢献
    国際社会で通用するコミュニケーション能力を身につけ,世界水準を目指す研究を通じて,創薬・製薬・育薬の研究者,技術者として社会に貢献することができる。

 

博士後期課程 創薬科学専攻

次に掲げる目標を達成した学生に博士の学位を授与します。

 

  1. 学識,研究能力及び高度専門職業能力
    広範な教養及び高度な専門知識・技能を身につけ,創薬に関する未知の課題に対し自立した創薬・製薬研究者として自ら研究計画を立案でき,問題解決に向けた研究推進能力を有し,後進を指導できる又は当該専門的な職業に従事できる卓越した能力を有している。
  2. 倫理観,責任感,創造力,応用力及び洞察力
    医療倫理観を備え,強い責任感,独自の発想力や豊かな創造力,広範な応用力,深い洞察力及び客観的な判断力を身につけ,自立して行動できる。
  3. 国際的発信力及び社会貢献
    国際的に通用する力量を身につけ,世界をリードする研究成果を発信し,先導的創薬・基礎薬学研究者及び薬学教育者として国際的・学際的に活躍することを通じ,社会の発展に貢献することができる。

 

博士課程 薬学専攻

次に掲げる目標を達成した学生に博士の学位を授与します。

 

  1. 学識,研究能力及び高度専門職業能力
    広範な教養,最先端の薬物治療を支える研究実践能力及び客観的な判断力を身につけ,臨床に根ざした新たな医療薬学研究の道を切り開き,臨床薬剤師,専門薬剤師,レギュラトリーサイエンスの精通した薬剤師研究者及びこれらの人材を育成できる医療系薬学教育者として卓越した能力を有している。
  2. 倫理観,責任感,創造力,応用力及び洞察力
    医療倫理観を備え,強い責任感,独自の発想力や豊かな創造力,広範な応用力及び深い洞察力を身につけ,自立して行動できる。
  3. 国際的発信力及び社会貢献
    国際的に通用する力量を身につけ,世界をリードする研究成果を発信し,指導的薬剤師や臨床薬剤師として活躍することを通じ,社会の発展に貢献することができる。
最終更新日:2017年3月17日