カリキュラム・ポリシー

 

博士前期課程 創薬科学専攻

創薬科学専攻では,創薬科学の専門知識を体系的に学習し,深い探究心や豊かな創造力及び国際的に通用する力量を身につけ,高い応用力,洞察力,国際コミュニケーション力,医療倫理観を併せ持つ創薬・製薬研究者を養成するために,以下の方針で教育課程を編成・実施します。

 

  1. 教育課程の編成
    創薬科学分野の知識を体系的に修得し,関連分野の研究展開能力を高めるため,複数教員による分野横断的創薬関連8特論を提供するとともに,国際コミュニケーション力を醸成するため,英語論文作成科目を設置する。さらに,医療倫理観醸成に関する講義を配し,人権,生命倫理,個人情報保護,実験動物愛護に関する基本的知識を習得させる。
  2. 教育方法 
    体系的な教育課程と指導教員制度による教育指導を通じて骨太かつきめ細やかな指導体制を実現する。 
  3. 学修成果の評価
    客観性及び厳格性を確保するため,学生に対して成績評価基準をあらかじめ明示し,当該基準に基づき厳格な評価を行い,修士論文の審査及び最終試験を適切に行う。
 

博士後期課程 創薬科学専攻

創薬科学専攻では,薬学の専門性を確保した上で広範な教養を持ち,未知の課題に対し自ら研究計画を立案でき,問題解決能力・学際的な研究推進能力を備えた国際的に通用する力量を持った先導的創薬・基礎薬学研究者及び薬学教育者を養成するために,以下の方針で教育課程を編成・実施します。

 

  1. 教育課程の編成
    広範な教養と客観的な判断力を養うための分野横断的な演習科目を設置するとともに,国際的視野で活躍できる人材の養成をめざし,国際学会発表,国際誌への論文投稿,英語論文の査読を体系的に学ぶ特論を設置する。さらに,博士論文研究では,広い視点からの研究指導を目的とした主指導教員と2名の副指導教員による複数指導態勢を実現する。
  2. 教育方法 
    プレゼンテーション力や質疑応答能力の涵養を行う演習科目,及び分野横断的な演習科目の導入と主指導教員と2名の副指導教員による複数指導態勢を通じて,未知の課題に対して自ら研究計画を立案でき,問題解決能力・学際的な研究推進能力を備えた国際的に通用する力量を持った先導的創薬・基礎薬学研究者及び薬学教育者となれる機会を提供する。 
  3. 学修成果の評価
    客観性及び厳格性を確保するため,学生に対して成績評価基準をあらかじめ明示し,当該基準に基づき厳格な評価を行い,博士論文の審査及び最終試験を適切に行う。

 

博士課程 薬学専攻

薬学専攻では,臨床への橋渡し研究を遂行できる能力と国際的に通用する力量を持ち,臨床に根ざした先端的研究能力を有した臨床薬剤師,高度な職能を持つ専門薬剤師,レギュラトリーサイエンスに精通した医療薬学研究者及びこれらの人材を育成できる医療系薬学教育者を養成するために,以下の方針で教育課程を編成・実施します。

 

  1. 教育課程の編成
    広範な教養と客観的な判断力を養うための分野横断的な演習科目及び特論を設置するとともに,国際コミュニケーション力醸成のため英語論文作成科目,がん専門薬剤師養成を目的としたアドバンスド科目群を設置する。さらに,博士論文研究では,広い視点からの研究指導を目的とした主指導教員と2名の副指導教員による複数指導態勢を実現する。
  2. 教育方法 
    大学病院と連携した実践演習と指導教員と2名の副指導教員による複数指導態勢を通じて,臨床への橋渡し研究を遂行できる能力と国際的に通用する力量を持ち,臨床に根ざした先端的研究能力を有した臨床薬剤師,高度な職能を持つ専門薬剤師,レギュラトリーサイエンスに精通した医療薬学研究者及びこれらの人材を育成できる医療系薬学教育者になれる機会を提供する。
  3. 学修成果の評価
    客観性及び厳格性を確保するため,学生に対して成績評価基準をあらかじめ明示し,当該基準に基づき厳格な評価を行い,博士論文の審査及び最終試験を適切に行う。

 

 

最終更新日:2017年3月17日