アドミッション・ポリシー

博士前期課程 創薬科学専攻

創薬科学専攻では,生命科学に関心を持ち,独創的な創薬・製薬研究の進展に貢献できる資質あるいは意欲のある次のような人を求めています。

 

●求める人物像
(知識・技能,関心・意欲)

・ 創薬・製薬研究を学ぶために必要な,薬学の広範な知識・技能を有する人

・ 創薬・製薬研究に関わる広範な領域に強い関心とそれらの学びに対する意欲があり,自ら未踏分野を開拓しようとする姿勢・態度を有する人

 

(思考力・判断力・表現力等の能力)

・ 創薬・製薬研究の専門家として,習得した知識・教養を基盤に思考を深化,展開し,科学的根拠に基づいて未知の課題に対して適切な解法を立案できる素養を有する人

・ 自分が伝えたいことを適切かつ簡潔に,相手の視点に立って表現できる人

 

(主体性を持って様々な人々と協働して学ぶ態度)

・ 創薬・製薬研究の専門家として,他分野の人と協働でき,活躍できる素養を有する人

 

●入学者選抜の基本方針

・ 個別学力検査では,英語の読解力,表現力及び出願書類を総合して判定する。なお,社会人・外国人留学生においては,上記のほか専門科目の試験も実施する。

 

博士後期課程 創薬科学専攻

創薬科学専攻では,博士前期課程創薬科学専攻の方針に加え,未知の課題に対し自ら研究計画を立案でき,問題解決能力・学際的な研究推進能力を備えた国際的に通用する先導的創薬・基礎薬学研究者及び薬学教育者への資質あるいは意欲のある次のような人を求めています。

 

●求める人物像
(知識・技能,関心・意欲)

・ 創薬・製薬研究に関わる未知の課題を解決するために必要な,薬学の広範な知識・技能を有する人

・ 創薬・製薬研究に関わる広範な領域に強い関心とそれらの学びに対する意欲があり,独創的な創薬・製薬研究の進展に貢献しようとする姿勢・態度を有する人


(思考力・判断力・表現力等の能力)
・ 創薬・製薬研究の専門家として,習得した専門知識及び教養を基盤に思考を深化,展開し,科学的根拠に基づいて未知の課題に対して適切な解法を立案できる素養を有する人
・ 自分が伝えたいことを適切かつ簡潔に,相手の視点に立って表現できる人

 

(主体性を持って様々な人々と協働して学ぶ態度)
・ 創薬・製薬研究の専門家として,他分野の人と協働でき,活躍できる素養を有する人

 

●入学者選抜の基本方針
・ 個別学力検査では,英語の読解力,表現力を判定する。
・ 面接では,研究発表を行い,出願書類を参考に,その内容に関連する事項について質疑応答を行い,思考力,判断力,表現力を判定する。

 
 

博士課程 薬学専攻

薬学専攻では,生命科学に関心を持ち,臨床に根ざした先端的研究能力を有した臨床薬剤師を志望する者,高度な職能を持つ専門薬剤師を志望する者,レギュラトリーサイエンスに精通した医療薬学研究者を志望する者で,未知の課題に対し自ら研究計画を立案でき,問題解決能力・学際的な研究推進能力を備えた国際的に通用するpharmacist-scientistを目指す者,及びこれらの人材を養成する医療系薬学教育者への資質あるいは意欲のある次のような人を求めています。

 

 
●求める人物像
(知識・技能,関心・意欲)
・ 薬学部で習得すべき基礎的かつ広範な知識や技能及び教養を有する人
・ 薬剤師免許を有する人,もしくは取得する可能性のある人
・ 生命科学を主体とする薬学に関わる広範な領域に強い関心と,医薬品の適正使用及び薬物治療の安全性確保に貢献する意欲を持ち,自ら未踏分野を開拓しようとする姿勢・態度を有する人

(思考力・判断力・表現力等の能力)
・ 薬物療法の専門家として,習得した知識・技能を基盤に,思考を深化,展開し,科学的根拠に基づいて未知の課題に対して適切な解法を立案できる素養を有する人
・ 自分が伝えたいことを適切かつ簡潔に,相手の視点に立って表現できる人
 
(主体性を持って様々な人々と協働して学ぶ態度)
・ 薬物療法の専門家として、他職種の人と協働でき、活躍できる素養を有する人
・ チーム医療を推進できる協調性を有する人
 
●入学者選抜の基本方針
・ 個別学力検査では,英語の読解力,表現力を判定する。
・ 面接では,研究発表を行い,出願書類を参考に,その内容に関連する事項について質疑応答を行い,思考力,判断力,表現力を判定する。
 
 
最終更新日:2017年3月21日