薬学部長あいさつ

佐野学部長.jpg

徳島大学薬学部長

佐 野 茂 樹

 

大正11年(1922年)に、日本薬学の開祖である長井長義博士のご尽力により、博士の郷土徳島の地に徳島高等工業学校応用化学科製薬化学部が創設されました。徳島大学薬学部は、製薬産業の発展に貢献できる人材の養成を目的として設立された応用化学科製薬化学部(のちに徳島高等工業学校製薬化学科、徳島工業専門学校製薬工業科へと改組・名称変更)を発祥とし、わが国唯一の工学系に端を発する国立大学薬学部として、「薬の創製(創薬)をめざす」という薬学部創設の精神に基づき、これまでに6,500名を超える有為な人材を輩出しています。

平成18年度より施行された改正学校教育法によって、薬剤師養成のための薬学教育は学部の修業年限が4年から6年へと延長されました。それに伴い、徳島大学薬学部では6年制学科(薬学科・定員40名)と4年制学科(創製薬科学科・定員40名)を併設した新しい教育制度がスタートしました。具体的には、入学者選抜において両学科一括での募集を行い、学部3年次前期までは共通のカリキュラムで薬学の基礎を学び、各自に適した進路選択が可能となるよう3年次後期から各学科ならびに各研究室に配属されるという教育プログラムが組まれています。以来、およそ一世紀におよぶ歴史と伝統に培われた創薬志向の精神と、医療系3学部(医学部、歯学部、薬学部)ならびに病院施設、先端酵素学研究所が集中する稀有な立地環境を活かし、特色ある薬学教育を実践しています。すなわち、薬学が関係する諸分野の連携を基盤に、自らの活躍の場を積極的に開拓できる能力に溢れた人材「インタラクティブYAKUGAKUJIN」の育成を教育方針の柱として掲げ、多様な薬学関連領域にあって次世代を担う人材の育成に取り組んでいます。薬学部6年制がスタートして13年目となる平成30年度の入学者選抜からは、これまでの両学科一括での募集を学科別募集へと変更し、各学科の教育目標とカリキュラムの特色をより明確にすることで、「インタラクティブYAKUGAKUJIN」養成のさらなる加速化ならびに高度化を目指します。

徳島大学長井長義映像評伝実行委員会により長井長義博士の顕彰を目的として制作された映画「こころざし~舎蜜(せいみ)を愛した男」(山田和広監督作品)では、西村和彦さんが長井長義を演じられました。平成23年(2011年)に完成した映画「こころざし~舎蜜(せいみ)を愛した男」の鑑賞は、新入生全員の必須授業です。歴史と伝統に培われた「薬の創製(創薬)をめざす」という徳島大学薬学部創設の精神を継承しつつ、自らの「こころざし」をもって自らの道を自らが切り開くことの大切さを肝に銘じなければなりません。次に新たな道を切り開くのは、あなたです。みなさんが抱いている夢や希望を叶えるため、「こころざし」をもって徳島大学薬学部の一員となり、大きく飛躍されることを心より願っています。

最終更新日:2017年4月1日