研究テーマ3

オンラインポストカラム濃縮装置

 

一般的に,分析システムの小型化に伴い試料の注入量は制限され,検出感度の低下を招く。試料の濃縮は生活環境及び人体に含まれる微量成分を定量するための有効な手段であり,これまでに“プレカラム濃縮”に関する研究は数多く報告されている。一方,“ポストカラム濃縮”という表現は馴染み深いものではなく,試料をカラムで分離した後にオンライン濃縮し検出を行った報告はほとんどない。

本研究では,溶媒透過性中空膜を用いてポストカラム部においても有効なオンライン濃縮器を開発し,人体または環境試料中に含まれる微量成分のポストカラム濃縮を試みている。