研究内容

 

HomeResearchPublicationsGroup MembersUseful LinksAlbum

 私たちは、これまでに例のない新たな分子変換をもたらす「高反応性活性種」、複雑分子の短段階合成を可能とする「化学選択的反応」、環境調和型分子変換の鍵となる「触媒反応」、医薬品など生物活性物質合成における重要技術である「不斉合成」、そして人類の未来を切り拓く「生体関連分子を操る有機化学」に着目して研究を行っています。

 下記テーマに取り組みながら、有用な方法論の開発と新概念の創出によって世の中に貢献することを目指します。

 

1)高反応性活性種の制御に基づく新規分子変換法の開拓

2)活性種の特性を活かした高官能基選択的な変換反応の開拓

3)不斉触媒の分子設計と触媒的不斉合成法の開拓

4)生物活性評価を指向した非天然有機化合物の化学合成

5)生体関連分子の新規精密有機合成法開発

 

    We have been involved in methodology development for organic synthesis. Our research interest is now mainly in development of a new transformation using organometallic compounds and/or radical species, chemoselective reactions for syntheses of complex molecules, and reactions on and towards biomolecules; design of chiral catalysts and catalytic asymmetric transformation; and chemical synthesis for biological evaluation.

 

研究内容の図