過去の学会発表

 2012年度

 

1) 新規Im:Na塩基対のDNAポリメラーゼによる基質認識

 田良島 典子、南川 典昭

 日本薬学会第133年会(口頭発表)、2013年3月、横浜

 

2) ImON:NaNO塩基対を両末端部に持つ環上DNAの合成研究

 樋口 陽介、古川 和寛、南川 典昭

 日本薬学会第133年会(口頭発表)、2013年3月、横浜

 

3) 新規ハイブリッド型修飾核酸の合成とアンチmiRNA活性の評価

 新井 真以、橋本 洋佑、斉藤 陽太、古川 和寛、石田竜弘、際田弘志、南川 典昭

 日本薬学会第133年会(口頭発表)、2013年3月、横浜

 

4) 4’-セレノピリミジンヌクレオシド誘導体を含むオリゴマーの合成研究

 林 弘也、谷池 裕次、菊池 優作、古川 和寛、南川 典昭

 日本薬学会第133年会(口頭発表)、2013年3月、横浜

 

5) ケミカルツールを用いたsiRNA-タンパク質間の相互作用様式解明

 吉良 太孝、山下 ありさ、山中 直哉、古川 和寛、石田 竜弘、山崎 哲男、際田 弘志、南川 典昭

 日本薬学会第133年会(口頭発表)、2013年3月、横浜

 

6) 新規含硫ヌクレオシド誘導体の合成

 宮澤 忠、古川 和寛、大井 高、南川 典昭

 日本薬学会第133年会(ポスター発表)、2013年3月、横浜

 

7) 肝臓を標的とした全身投与型anti-miRNA oligoucleotide (AMO)デリバリーシステムの構築

 村田 真那美、畠山 浩人、佐藤 悠介、高橋 真由美、南川 典昭、松田 彰、原島 秀吉

 日本薬学会第133年会(口頭発表)、2013年3月、横浜

 

8) A bacterial riboswitch that binds heavy metal ions and regulates genes involved in its transpoters

 Kazuhiro Furukawa, Zhiyuan Zhou, Zasha Weinberg, Tenaya Vallery, Ronald Breaker

 第39回国際核酸化学シンポジウム(口頭発表)、2012年11月、名古屋

 

9) Gene scilencing by 2'-modified-4'-thio oligonucleotides via U1i machinery

 Yusaku Kikuchi, Naoshi Yamazaki, Yoshiharu Taniguchi, Noriaki Minakawa

 第39回国際核酸化学シンポジウム(ポスター発表)、2012年11月、名古屋

 

10) 4’-チオDNAを利用した新規RNAi法の開発

 小島 孝允、橋本 洋介、石田竜弘、際田弘志、南川 典昭

 第6回バイオ関連化学シンポジウム(口頭発表)、2012年9月、札幌

 

11) ケミカルツールを利用したRNA干渉の発現機構解明

 吉良 太孝、山崎 尚志、石田 竜弘、際田 弘志、南川 典昭

 アンチセンス・遺伝子・デリバリーシンポジウム2012(口頭発表、ポスター発表)、2012年9月、仙台

 

12) 4'-セレノリボヌクレオシドを含むオリゴマー合成の問題点とその解決法

 林 弘也、谷池 裕次、菊池 優作、南川 典昭

 アンチセンス・遺伝子・デリバリーシンポジウム2012(ポスター発表)、2012年9月、仙台

 

13) Huisgen反応を利用したImON : NaNO塩基対を含む環状DNAの合成研究

 樋口 陽介、南川 典昭

 アンチセンス・遺伝子・デリバリーシンポジウム2012(ポスター発表)、2012年9月、仙台

 

 

 

2011年度

 

1) PCRによる4’-チオDNAの合成

 小島 孝允、丸山 豪斗、田良島 典子、山崎 尚志、滝口 祥令、松田 彰、南川 典昭

 第21回アンチセンスシンポジウム、第11回遺伝子・デリバリー研究会シンポジウム(合同シンポジウム)(ポスター発表)、2011年9月、大阪

 

2) ヨードシルベンゼンを用いた4'-セレノリボヌクレオシドの効率的合成法の開発

 谷池 裕次、南川 典昭

 第37回反応と合成の進歩シンポジウム(ポスター発表)、2011年11月、徳島

 

3) RNA干渉機構解明のためのケミカルツールの合成とその応用

 吉良 太孝、井手 志穂、新井 真衣、森吉 直人、石田 竜弘、際田 弘志、松田 彰、南川 典昭

 第50回日本薬学会中国四国支部学術大会(口頭発表)、2011年11月、香川

 

4) シュタウディンガー反応を基軸とした簡便なRNA精製法の開発

 松本 大貴、南川 典昭

 第50回日本薬学会中国四国支部学術大会(口頭発表)、2011年11月、香川

 

5) 2'-F-4'チオヌクレオシドを含むキメラ型オリゴマーの合成と性質

 菊地 優作、山崎 尚志、滝口 祥令、南川 典昭

 日本薬学会第132年会(ポスター発表)、2012年3月、北海道  

 

6) 4'-チオDNAを利用した遺伝子発現抑制法の開発  

 小島 孝充、森吉 直人、山崎 尚志、石田 竜弘、際田 弘志、南川 典昭

 日本薬学会第132年会(口頭発表)、2012年3月、北海道

 

7) ケミカルツールを用いたRNA干渉における遺伝子発現抑制機構の解明

 吉良 太孝、森吉 直人、石田 竜弘、際田 弘志、南川 典昭

 日本薬学会第132年会(口頭発表)、2012年3月、北海道

 

8) シュタウディンガーライゲーションと光解離性保護基を組合せたRNAの簡便精製法の開発

 松本 大貴、南川 典昭

 日本薬学会第132年会(口頭発表)、2012年3月、北海道

 

 

 

2010年度

 

1) Evaluation of potency and duration of gene silencing activity by siRNAs containing 2´-O-Me-4´-thioribonucleosides

Takahashi, M.; Nagai, C.; Hatakeyama, H.; Minakawa, N.; Harashima, H.; Matsuda, A.

IRT 2010-XIX International Round Table on Nucleosides, Nucleotides and Nucleic Acids (Poster Presentation), Aug. 2010, Lyon, France

 

2) NMR study of the DNA duplex containing a thermally stable base-pairing motif

Furuita, K.; Tarashima, N.; Minakawa, N.; Komatsu, Y.; Matsuda, A.; Kojima, C.

The 37th International Symposium on Nucleic Acids Chemistry 2010 (Poster Presentation), Nov. 2010, Yokohama, Japan

 

3) 4’-thioDNA修飾型ベクターの創製研究

丸山 豪斗、紙谷 浩之、南川 典昭、松田 彰

日本薬学会北海道支部第135例会(口頭発表)、2010年11月、札幌

 

4) 4’-thioDNA修飾によるヌクレアーゼ抵抗性ベクターの開発

丸山 豪斗、紙谷 浩之、南川 典昭、松田 彰

第20回アンチセンスシンポジウム(口頭発表)、2010年12月、神戸

 

5) 光解離性保護基を利用した高純度RNAの簡便合成法の開発

苫谷 晃太、松本 大貴、松田 彰、南川 典昭

第20回アンチセンスシンポジウム(ポスター発表)、2010年12月、神戸

 

6) 新規抗がん剤候補化合物探索を目指した構造活性相関研究

徳田 美幸、辻 大輔、吉良 太孝、中村 崇洋、岡野 和真、南川 典昭、伊藤 孝司

第33回日本分子生物学会年会・第83回日本生化学会大会 合同大会(ポスター発表)、2010年12月、神戸

 

7) Synthesis and properties of 2ʹ-O-MOE-4ʹ-thioRNA

Saito, Y.; Takahashi, M.; Matsuda, A.; Minakawa, N.

The International Chemical Congress of Pacific Basin Societies - Pacifichem 2010 (Poster Presentation), Dec. 2010, Honolulu, Hawaii, U.S.A.

 

8) Synthesis of 4’-selenoribonucleosides using hypervalent iodine

Taniike, H.; Inagaki, Y.; Matsuda, A.; Minakawa, N.

The International Chemical Congress of Pacific Basin Societies - Pacifichem 2010 (Poster Presentation), Dec. 2010, Honolulu, Hawaii, U.S.A.

 

9) Enzymatic recognition of unnatural imidazopyridopyrimidine:naphthyridine base pair, ImNN:NaOO, by DNA polymerases

Tarashima, N.; Kuramoto, K., Komatsu, Y.; Matsuda, A.; Minakawa, N.

The International Chemical Congress of Pacific Basin Societies - Pacifichem 2010 (Poster Presentation), Dec. 2010, Honolulu, Hawaii, U.S.A.

 

10) Highly durable gene-silencing effect by 2´-O-Me-4´-thioribonucleotides modified siRNA

Takahashi, M.; Nagai, C.; Hatakeyama, H.; Minakawa, N.; Harashima, H.; Matsuda, A.

The International Chemical Congress of Pacific Basin Societies - Pacifichem 2010 (Poster Presentation), Dec. 2010, Honolulu, Hawaii, U.S.A.

 

11) Convenient RNA Synthesis Using a Phosphoramidite Possessing a Photocleavable Group

Minakawa, N.

The Second Decennial Meeting Between Seoul National University and The University of Tokushima (Oral Presentation), Dec. 2010, Awaji, Hyogo, Japan

 

12) Synthesis of 4’-selenoribonucleosides using hypervalent iodine

Taniike, H.; Minakawa, N.

The Second Decennial Meeting Between Seoul National University and The University of Tokushima (Oral Presentation), Dec. 2010, Awaji, Hyogo, Japan

 

13) 超原子価ヨウ素を用いた4’-セレノリボヌクレオシドの効率的合成法の開発

谷池 裕次、南川 典昭

日本薬学会第131年会(口頭発表)、2011年3月、静岡

 

14) シュタウディンガーライゲーションを利用した高純度RNAの簡便合成法の開発

松本 大貴、南川 典昭

日本薬学会第131年会(口頭発表)、2011年3月、静岡

 

2009年度

 

1) Unnatural imidazopyridopyrimidine:naphthyridine base pairs: selective incorporation and extension reaction by DNA polymerases

Minakawa, N.; Ogata, S.; Takahashi, M.; Matsuda, A.

The 6th International Symposium on Nucleic Acids Chemistry (36th Symposium on Nucleic Acids Chemistry) (Poster Presentation), Sep. 2009, Gifu, Japan

 

2) Development of chemical probes to investigate the molecular mechanism of RNAi

Ide, S.; Minakawa, N.; Matsuda, A.

Joint Symposium of the 5th Annual Meeting of the Oligonucleotide Therapeutics Society and the 19th Antisense Symposium (Poster Presentation), Nov. 2009, Fukuoka, Japan

 

3) Investigation of gene-silencing effect using siRNAs modified with 2´-O-methyl-4´-thioribonucleosides

Takahashi, M.; Nagai, C.; Hatakeyama, H.; Minakawa, N.; Harashima, H.; Matsuda, A.

Joint Symposium of the 5th Annual Meeting of the Oligonucleotide Therapeutics Society and the 19th Antisense Symposium (Poster Presentation), Nov. 2009, Fukuoka, Japan

 

4) ハイブリッド型化学修飾核酸のRNA干渉法への応用

高橋 真由美、永井 千里、畠山 浩人、南川 典昭、原島 秀吉、松田 彰

日本薬学会第130年会(口頭発表)、2010年3月、岡山

 

5) 2’-O-MOE-4’-チオヌクレオシドの合成

齊藤 陽太、高橋 真由美、松田 彰、南川 典昭

日本薬学会第130年会(ポスター発表)、2010年3月、岡山

 

6) 化学修飾型siRNA搭載MENDの有用性の検討

永井 千里、高橋 真由美、畠山 浩人、南川 典昭、松田 彰、原島 秀吉

日本薬学会第130年会(ポスター発表)、2010年3月、岡山