研究室の近況(2012年)

 

 

2012年12月

1. 薬学科4年生のOSCEとCBTが実施されました(今井さんお疲れ様)。

2. 研究室大掃除と忘年会が行われ、今年から三賞が授与されることになりました(該当者無しもあり得る)。第1回の受賞者は以下の通り。敢闘賞:山村行生君(創製薬科学科4年)、技能賞:田邊彬恵さん(博士後期課程2年)、殊勲賞:岡部真二君(薬学科5年)。

 

2012年11月

1. 第51回日本薬学会中国四国支部学術大会(松江)にて、学部5年生の岡部真二君と、学部6年生の藤田有貴さんが口頭発表を行いました。

2. 鳥取医療センターにて、笠原准教授がセミナーを行いました。

3. 学部6年生の藤田有貴さんと松枝美里さんが、卒業論文を提出し、卒業研究発表を行いました。

 

2012年8月

1. 部局内の生物系分野勉強会にて、学部6年生の藤田有貴さんと松枝美里さんが口頭発表を行いました。

2. 第16回活性アミンに関するワークショップ(札幌)にて、笠原准教授が口頭発表を行いました。

 

2012年6月

1. 名古屋市立大学薬学部の大澤匡弘先生が来訪され、第10回 神経病態解析学セミナーにて、糖尿病による高次脳機能障害のメカニズムに関する最新知識について、ご講演頂きました。

2. 学部3年生対象の分野紹介を実施しました。

 

2012年5月

1. 第19回 カテコールアミンと神経疾患研究会(東京)において、笠原准教授が口頭発表を行いました。

2. 合同クラス会バーベキューを開催しました。

3. 薬学科5年生の実務実習が始まりました。

 

2012年3月

1. 第85回 日本薬理学会年会(京都)にて、横山宏典君 (D3) と笠原准教授が口頭発表を行いました。

 

2012年2月

1. 横山宏典君 (D3) が博士論文の公開発表を行いました。

2. 内田裕人君 (M2) が修士論文の公開発表を行いました。

3. 塚田竜矢君 (B6) が日本薬学会中国四国支部学生奨励賞を受賞しました。

4. 本年度卒業・修了者の進路:製薬企業へ研究職にて就職(D3, M2)および薬剤師として就職(B6)。