研究室の近況(2011年)

 

2011年11月

1. 日本薬学会中国四国支部会(高松)にて、安達みなみさん (M1) と塚田竜矢君 (6年) が口頭発表を行いました。

2. 脳科学クラスターミニリトリート(淡路島)にて、笠原准教授、横山宏典君 (D3)、内田裕人君 (M2) が口頭発表を行いました。

3. 薬学科6年生の卒業研究発表会にて、塚田竜矢君が発表しました。

4. 新たに薬学科1名、創製薬科学科2名の学部3年生がラボメンバーに加わりました。

 

2011年9月

1. 米国イーライリリー社の加藤明彦博士が来訪され、第9回神経病態解析学セミナーにてご講演頂きました。

2. 内田裕人君 (M2)と笠原准教授が、第34回日本神経科学大会 (Neuroscience 2011) にてポスター発表をしました。

 

2011年8月

1. 薬科学教育部・生物系夏の勉強会が開催され、当分野からは横山宏典君 (D3)、塚田竜矢君 (B6)、内田裕人君 (M2)、安達みなみさん (M1) が発表しました。

2. 徳島文理大学で開催された「第15回・活性アミンに関するワークショップ」にて、笠原准教授と横山宏典君 (D3) が口頭発表しました。

 

2011年7月

1. 阿南工業高専の大田直友博士が来訪され、第8回神経病態解析学セミナーにてご講演頂きました。セミナー初、事務職員の方々も聴講に来られました。

2. 笠原准教授が、HBS研究部サマープログラムでレクチャーを行いました。

 

2011年6月

1. 横山宏典君 (D3) が大塚芳満記念財団の助成対象者に選ばれました。

2. 大塚製薬Qs'研究所の多田智子博士が来訪され、第7回神経病態解析学セミナーにてご講演頂きました。

 

2011年5月

1. 横山宏典君がGP-RAに、田辺彬恵さんがRAに、内田裕人君がTAに、それぞれ採用されました。

2. 合同クラス会バーベキューを開催しました。

3. 薬学科5年生の実務実習が始まりました。

 

2011年4月

1. 田辺彬恵さんが東北大学から当分野の博士後期課程1年に入学しました。

2. 京都府立医科大学の渡邊義久博士が来訪され、第6回神経病態解析学セミナーにてご講演頂きました。

 

2011年3月

1. 内田裕人君(M1)が徳島大学学長表彰を受けました。

2. 本年度卒業・修了者の進路:他大学へ進学(B4)、製薬企業へ就職(M2)および病院薬剤師として就職(M2)。

 

2011年2月

1. 阿部真己さん (M2) が、日本薬学会中国四国支部学生奨励賞を受賞しました。

2. 塚田竜矢君(薬学科5年)が、薬学教育協議会フォーラム2011(慶応大学)に出席し、「初年度実務実習の実施状況」について、臨床薬学実務教育室の東満美准教授とポスターを発表し、スモールグループディスカッションに参加しました。

3. 東北大学の小山内実博士が来訪され、第5回神経病態解析学セミナーにてご講演頂きました。

4. 阿部真己さん (M2)、黒岩勇人君 (M2)、矢野遼平君 (M2, 兵庫県警科捜研)が修士の学位論文を発表し、全員無事に合格しました。

5. HBS研究部の月例交流セミナーにおいて、笠原准教授が「神経毒MPTPによるパーキンソン病モデルマウスと薬効評価」という演題で講演しました。

 

2011年1月

1. 三上忠世志 氏(ノバルティスファーマ社)が博士号を取得しました(故 荒木教授紹介)。

2. 創製薬科学科4年生の安達みなみさんと今岡恵梨さんが、卒業研究発表を行いました。

3. HBS研究部の脳科学クラスターミニリトリートにおいて、当分野からはM1の内田裕人君、M2の黒岩勇人君、笠原准教授が口頭発表を行いました。

 

お問い合わせ

神経病態解析学