学会発表等 Presentations

神経病態解析学分野 学会発表等 (2017)

 

1. 周 禹、山村行生、後藤惠、土屋浩一郎、笠原二郎

The c-Abl inhibitor Imatinib is a potential therapeutic for Parkinson's disease

第21回 活性アミンに関するワークショップ(2017.8.25, 京都)

 

 

神経病態解析学分野 学会発表等 (2016)

 

1. 周 禹、山村行生、後藤惠、笠原二郎

Imatinib, serving as a potential therapeutic for Parkinson's disease

第55回 日本薬学会中国四国支部学術大会(2016.11.5, 岡山)

 

2. 志賀未規、笠原二郎

PC12細胞におけるNF-κB活性評価系の確立と阻害化合物の評価

第55回 日本薬学会中国四国支部学術大会(2016.11.5, 岡山)

 

3. 笠原二郎、内田裕人、手塚健太、岡奈々恵

一過性脳虚血ラットの梗塞後慢性期に悪化するアンヘドニアは海馬歯状回の神経変性を伴う

第20回 活性アミンに関するワークショップ(2016.8.20, 茨城・つくば市)

 

4. Jiro Kasahara

Poststroke depression and hippocampal neurodegeneration

徳島大学脳科学クラスター国際シンポジウム・徳島とイタリアをつなぐ脳科学研究の潮流(2016.7.9, 徳島大学・長井記念ホール)

 

 

神経病態解析学分野 学会発表等 (2015)

 

1. 川端修平、笠原二郎

一過性脳虚血モデルラットのEntorhinal Cortexにおける神経変性と病態解析

第54回日本薬学会中国四国支部学術大会(2014.11.1, 高知)

 

2. 岡奈々恵、笠原二郎

一過性脳虚血モデルラットの海馬歯状回にみられる遅発性神経細胞死の特徴

第54回日本薬学会中国四国支部学術大会(2014.11.1, 高知)

 

3. 庄野未紗樹、辻諒介、周禹、笠原二郎

パーキンソン病新規治療薬ターゲットとしての小胞モノアミントランスポーター2 (VMAT2)

第54回日本薬学会中国四国支部学術大会(2014.11.1, 高知)

 

4. 笠原二郎

上勝町の植物系リソース活用展開のヒント?

第3回 薬草・晩茶・雑穀等の人材育成講座(2015.10.25, 徳島・上勝町)

 

5. 笠原二郎

パーキンソン病新規治療薬ターゲットとしての小胞モノアミントランスポーター2 (VMAT2)

第19回 活性アミンに関するワークショップ(2015.8.21, 福島・いわき市)

 

6. 笠原二郎

ミラノ万博にみる上勝町の植物系リソース価値

第1回 薬草・晩茶・雑穀等の人材育成講座(2015.7.20, 徳島・上勝町)

 

7. Kasahara, J.

KAMIKATSU, a tiny rural village with plentiful resources for health and wellness in Tokushima, Japan.

Botanicals for Nutrition and Health: from Nagoya protocol to the international cooperation(2015.7.13, Milano, Italy)

 

8. 笠原二郎、中村幸代、山村行生

MPTP誘発パーキンソン病モデルマウス線条体におけるゾニサミドの薬効

第22回カテコールアミンと神経疾患研究会(2015.4.25, 東京)

 

9. Kasahara J, Yamamura Y, Tanabe A, Morigaki R, Kaji R, Goto S.

Inhibition of c-Abelson tyrosine kinase (c-Abl) as a possible strategy for treatment of PD: Study in MPTP-induced mice model

The 12th International Conference on Alzheimers's and Parkinson;s Disease: AD/PD 2015 (2015.3.17, Nice, France)

 

10. 笠原二郎

パーキンソン病治療薬ゾニサミドの線条体における薬理作用機構基礎研究

PD EXPERT CONFERENCE in Fukuoka(2015.2.1, 福岡)

 

 

神経病態解析学分野 学会発表等 (2014)

 

1. 山村行生、笠原二郎、森垣龍馬、後藤惠

イマチニブのパーキンソン病治療薬としての可能性

第53回日本薬学会中国四国支部学術大会(2014.11.8, 広島)

 

2.田邉彬恵、山村行生、笠原二郎、森垣龍馬、梶龍兒、後藤惠

MPTPマウスモデルにおける線条体c-Ablチロシンキナーゼを標的としたパーキンソン病治療研究

第18回活性アミンに関するワークショップ(2014.8.30, 高松)

 

3. 笠原二郎、山村行生、田邉彬恵、森垣龍馬、梶龍兒、後藤惠

MPTP誘発パーキンソン病モデルマウスにおけるc-Abl阻害薬の薬効評価

第21回カテコールアミンと神経疾患研究会(2014.4.19, 東京)

 

4.田邉彬恵、山村行生、笠原二郎、森垣龍馬、梶龍兒、永廣信治、後藤惠

A novel target for PD therapeutics: A c-Abl inhibitor improved striatal motor dysfunction in MPTP mice

第87回日本薬理学会年会(2014.3.19, 仙台)

 

5. Kasahara J

Neurotoxin 1-methyl-4-phenyl-1,2,3,6-tetrahydropyridine (MPTP)-induced mice model for Parkinson’s disease

6th International Conference on Drug Discovery & Therapy(2014.2.12, Dubai, UAE)

 

 

神経病態解析学分野 学会発表等 (2013)

 

1. 川端修平、手塚健太、笠原二郎

一過性局所脳虚血モデルラットのentorhinal cortexにみられる神経細胞死

第52回日本薬学会中国四国支部学術大会(2013.10.26, 松山)

 

2. 田邉彬恵、山村行生、笠原二郎、森垣龍馬、梶龍兒、永廣信治、後藤惠

線条体ニューロンの細胞内シグナルを標的にした新たなパーキンソン病治療戦略

第52回日本薬学会中国四国支部学術大会(2013.10.26, 松山)

 

3. 岡部真二、門口直仁、山村行生、深野達也、横山宏典、笠原二郎

パーキンソン病モデルマウスにおける抗うつ薬ミルタザピンの薬効と作用機序

第52回日本薬学会中国四国支部学術大会(2013.10.26, 松山)

 

4. 深野達也、今井智江利、岡部真二、横山宏典、笠原二郎

パーキンソン病モデルマウスにおけるドーパミン神経細胞マーカーおよび神経保護因子の発現変化

第52回日本薬学会中国四国支部学術大会(2013.10.26, 松山)

 

5. 岡部真二、門口直仁、山村行生、横山宏典、笠原二郎

ミルタザピンのパーキンソン病治療薬としての可能性

第17回活性アミンに関するワークショップ(2013.8.24, 福井)

 

6. 山村行生、森垣龍馬、笠原二郎、横山宏典、田邊彬恵、大北真哉、小泉英貴、永廣信治、梶龍兒、後藤惠

ドーパミンシグナルはマウス線条体サイクリン依存性キナーゼ5 (Cdk5) のチロシン15残基リン酸化を抑制的に制御する

第17回活性アミンに関するワークショップ(2013.8.24, 福井)

 

7. 門口直仁、岡部真二、山村行生、深野達也、横山宏典、笠原二郎

実験的パーキンソン病モデルマウスにおけるミルタザピンの治療効果の検討

医療薬学フォーラム2013(2013.7.20-21, 金沢)

 

8. 門口直仁、岡部真二、山村行生、深野達也、横山宏典、笠原二郎

MPTP誘発パーキンソン病モデルマウスに対するノルアドレナリン作動性・特異的セロトニン作動性抗うつ薬ミルタザピンの治療効果

Neuro2013(2013.6.20-23, 京都)

 

9. 笠原二郎、内田裕人、藤田有貴、手塚健太

ラット海馬歯状回における遅発性神経細胞死を伴った脳梗塞後うつモデル

Neuro2013(2013.6.20-23, 京都)

 

10. 山村行生、森垣龍馬、笠原二郎、横山宏典、田邊彬恵、大北真哉、小泉英貴、永廣信治、梶龍兒、後藤惠

ドーパミンシグナルはマウス線条体サイクリン依存性キナーゼ5 (Cdk5) のチロシン15残基リン酸化を抑制的に制御する

Neuro2013(2013.6.20-23, 京都)

 

11. 山村行生、森垣龍馬、笠原二郎、横山宏典、田邊彬恵、大北真哉、小泉英貴、永廣信治、梶龍兒、後藤惠

ドーパミンシグナルはマウス線条体サイクリン依存性キナーゼ5 (Cdk5) のチロシン15残基リン酸化を抑制的に制御する

第20回カテコールアミンと神経疾患研究会(2013.4.27, 東京)

 

12. 岡部真二、門口直仁、山村行生、横山宏典、笠原二郎

ミルタザピンのパーキンソン病治療薬としての可能性

第20回カテコールアミンと神経疾患研究会(2013.4.27, 東京)

 

13. 笠原二郎、門口直仁、岡部真二、山村行生、横山宏典

MPTPパーキンソン病モデルマウスにおけるミルタザピンの治療効果

第86回日本薬理学会年会(2013.3.22, 福岡)

 

14. Kasahara J, Yokoyama H, Okabe S, Matsueda M, Kadoguchi N

Therapeutic Effect of Zonisamide in MPTP-induced Mice Model for Parkinson's Disease: Functional Improvement Without Upregulating Dopamine Synthesis

The 11th International Conference On Alzheimer's & Parkinson's Diseases(2013.3.9, Florence, Italy)

 

15. Kasahara J, Tsukada T, Kuroiwa H, Okabe S, Fukano T, Yokoyama H

Neuroprotective Effect of Pioglitazone Is Associated With Upregulation of Superoxide Dismutase in MPTP-induced Mice Model for Parkinson's Disease

The 11th International Conference On Alzheimer's & Parkinson's Diseases(2013.3.9, Florence, Italy)

 

16. Kasahara J, Kadoguchi N, Okabe S, Yamamura Y, Yokoyama H

Mirtazapine Has A Therapeutic Potency in MPTP-induced Mice Model for Parkinson's Disease

The 11th International Conference On Alzheimer's & Parkinson's Diseases(2013.3.7, Florence, Italy)

 

 

神経病態解析学分野 学会発表等 (2012)

 

1. 岡部真二、門口直仁、横山宏典、笠原二郎

MPTP誘発パーキンソン病モデルマウスにおけるミルタザピンの治療効果

第51回日本薬学会中国四国支部学術大会(2012.11.10, 松江)

 

2. 藤田有貴、内田裕人、手塚健太、笠原二郎

一過性局所脳虚血モデルラット海馬における神経細胞死の解析

第51回日本薬学会中国四国支部学術大会(2012.11.10, 松江)

 

3. 笠原二郎、内田裕人、手塚健太、藤田有貴

一過性局所脳虚血後ラットの海馬歯状回にみられる神経変性とその病態生理学的意義

第16回活性アミンに関するワークショップ(2012.8.24, 札幌)

 

4. 笠原二郎

パーキンソン病治療薬ゾニサミドの薬理作用機構に関する基礎研究:ドーパミン合成代謝機構への関与について

第19回カテコールアミンと神経疾患研究会(2012.5.12, 東京)

 

5. 笠原二郎、塚田竜矢、黒岩勇人、岡部真二、深野達也、内田裕人、横山宏典

MPTPパーキンソン病モデルマウスにおけるPioglitazoneの神経保護効果

第85回日本薬理学会年会(2012.3.16, 京都)

 

6. 横山宏典、松枝美里、矢野遼平、笠原二郎

MPTPパーキンソン病モデルマウスにおける黒質線条体ドーパミン神経細胞に対するゾニサミドの治療効果

第85回日本薬理学会年会(2012.3.16, 京都)

 

7. 内田裕人、藤田有貴、笠原二郎

一過性局所脳虚血ラットの海馬歯状回顆粒細胞にみられる遅発性神経細胞死と高次脳機能障害

第85回日本薬理学会年会(2012.3.16, 京都)

 

 

神経病態解析学分野 学会発表等 (2011)

 

1. 塚田竜矢、黒岩勇人、深野達也、岡部真二、横山宏典、内田裕人、笠原二郎

MPTPパーキンソン病モデルマウスにおけるPioglitazoneの神経保護効果

第50回日本薬学会中国四国支部学術大会(2011.11.13, 高松)

 

2. 安達みなみ、大村幸司、福永浩司、笠原二郎

マウス大脳皮質神経細胞におけるセロトニンによる CREB リン酸化反応と細胞内シグナル経路

第50回日本薬学会中国四国支部学術大会(2011.11.13, 高松)

 

3. 内田裕人、藤田有貴、笠原二郎

一過性局所脳虚血モデルラットの海馬歯状回における遅発性神経細胞死

第34回日本神経科学大会(2011.9.16, 横浜)

 

4. 笠原二郎、安達みなみ、大村幸司、福永浩司

マウス大脳皮質ニューロンにおけるセロトニンを介したCREBリン酸化反応の解析

第15回活性アミンに関するワークショップ(2011.8.11, 徳島)

 

5. 塚田竜矢、黒岩勇人、深野達也、岡部真二、横山宏典、内田裕人、笠原二郎

MPTPパーキンソン病モデルマウスにおけるPioglitazoneの神経保護効果

第15回活性アミンに関するワークショップ(2011.8.11, 徳島)

 

6. 横山宏典、矢野遼平、笠原二郎

パーキンソン病治療薬ゾニサミドのマウス黒質線条体神経細胞に対する薬効作用解析

第15回活性アミンに関するワークショップ(2011.8.11, 徳島)

 

7. 横山宏典、矢野遼平、加藤宏之、荒木勉、笠原二郎

MPTPモデルマウスにおけるパーキンソン病様症状に対するゾニサミドの治療効果

第84回日本薬理学会年会(2011.3.23, 震災のため誌上開催)

 

 

お問い合わせ

神経病態解析学